sue-aのブログ

消防士のためのブログ。消防士の仕事をしている中で有益な情報を発信します。救急救命士国家試験問題毎日更新中💯。消防昇任試験問題も不定期ですが更新しています。

消防昇任試験「行政関係法規」問題にチャレンジその⑨

>>消防士の昇任試験問題【徹底的に解く】の中で扱った「行政関係法規」問題をさらに徹底的にやりたい方向け。

15問です。

f:id:a-_-s0404:20210720131348p:plain

 

問題作成 参考書籍



 

 

 

 

【◯✕問題】地方自治法地方公共団体の条例・規則に関する記述について正しいかどうか解答してください。

 

 ★問題文をクリックすると答えが問題下に表示されます★

⬇⬇⬇クリックしてください⬇⬇⬇

1.住民は、その属する普通地方公共団体の選挙に参与する権利を有する。

 

答え 正しい
2.住民は、その属する普通地方公共団体の条例(地方税の賦課徴収並びに分担金、使用料及び手数料の徴収に関するものを除く)の制定又は改廃を請求する権利を有する。

 

答え 正しい
3.住民は、その属する普通地方公共団体の議会の解散を請求する権利を有する。

 

答え 正しい
4.住民は、その属する普通地方公共団体の議会の議員、長、副知事若しくは副市町村長又は職員の解職を請求する権利を有する。

 

答え 誤り【職員の解職を請求する権利を有しない(地方自治法第13条第2項参照)】
5.住民は、その所属する普通地方公共団体の事務の監査を請求する権利を有する。

 

答え 正しい
6.地方公共団体の条例・規則において、市町村は、法令に違反しない限りにおいて、当該市町村の事務に関し、条例を制定することができる。

 

答え 正しい
7.地方公共団体の条例・規則において、市町村は、義務を課し、又は権利を制限するには、法令に特別の定めがある場合を除くほか、条例によらなければならない。

 

答え 正しい
8.地方公共団体の条例・規則において、市町村の人事委員会は、人事委員会規則を定めることができるが、公平委員会は公平委員会規則を定めることはできない。

 

答え 誤り【公平委員会は公平委員会規則を定めることができる(地方公務員法第8条第4項)】

【虫食い問題】地方自治法の住民の権利義務として認められていることの記述について空欄を埋めよ。

9.<◯◯>に参与する権利を有することが認められている。

 

答え <選挙>
10.条例の<◯◯>又は<◯◯>を請求する権利を有することが認められている。

 

答え <制定>、<改廃>
11.地方公共団体にその負担を<◯◯>する義務を負うことが認められている。

 

答え <分任>
12.地方公共団体から<◯◯>の提供を受ける権利を有することが認められている。

 

答え <役務>

【一問一答問題】地方自治法に関する記述について。

13.次は地方自治法の目的(同法第1条)であるが(   )内に入る語句を語群より選べ。
この法律は、地方自治の(①)に基づいて、地方公共団体の(②)並びに地方公共団体の組織及び運営に関する事項の(③)を定め、併せて国と地方公共団体との間の(④)を確立することにより、地方公共団体における(⑤)にして(⑥)な行政の確保を図るとともに、地方公共団体の(⑦)な発展を保障することを目的とする
【語群】健全、本旨、大綱、区分、民主的、基本的関係、能率的

 

答え この法律は、地方自治の(①本旨)に基づいて、地方公共団体の(②区分)並びに地方公共団体の組織及び運営に関する事項の(③大綱)を定め、併せて国と地方公共団体との間の(④基本的関係)を確立することにより、地方公共団体における(⑤民主的)にして(⑥能率的)な行政の確保を図るとともに、地方公共団体の(⑦健全)な発展を保障することを目的とする
14.地方自治法第2条に規定する地方公共団体の事務に関する以下の文章のうち、誤っているものを選べ。 
(1)地方公共団体は、常にその組織及び運営の合理化に努めるとともに、他の地方公共団体に協力を求めてその規模の適正化を図らなければならない 
(2)法律又はこれに基づく政令により地方公共団体が処理することとされる事務が法定受託事務である場合においては、国は、地方公共団体が地域の特性に応じて当該事務を処理することができるよう特に配慮しなければならない
(3)地方公共団体は、その事務を処理するに当っては、住民の福祉の増進に努めるとともに、最少の経費で最大の効果を挙げるようにしなければならない
(4)地方公共団体に関する法令の規定は、地方自治の本旨に基づき、かつ、国と地方公共団体との適切な役割分担を踏まえたものでなければならない

 

答え (2)誤り【(1)は、法律で特別の定めのあるものを除くほか、条例で定め都道府県知事と協議、(2)は条例、(3)と(5)は関係市町村からの申請を受けて都道府県知事が都道府県議会の決議を経て定める、こととされている】
15.以下の記述のうち地方自治法の目的として、誤っているものはどれか。
(1)地方公共団体の組織及び運営に関する事項の大綱を定めること 
(2)国と地方公共団体との間の基本的関係を確立すること 
(3)地方公共団体における民主的・能率的な行政の確保を図ること 
(4)地方公共団体の財政の健全性を確保すること 
(5)地方公共団体は、住民の福祉の増進を図ることを基本とする 

 

答え (1)正しい
(2)正しい
(3)正しい
(4)誤り【地方財政の健全性確保は地方財政法や財政健全化法の目的である(地方自治法第1条参照)】
(5)正しい

 

 

 ⬇消防士の昇任試験対策のすべてをまとめています。

www.sue-a.org

 

昇任試験対策には人事評価も関わってきます。

消防士の人事評価が気になる方はこちらを。

www.sue-a.org