sue-aのブログ

消防士のためのブログ。消防士の仕事をしている中で有益な情報を発信します。救急救命士国家試験問題毎日更新中💯。消防昇任試験問題も不定期ですが更新しています。

第13回 救急救命士学力テストの解説

 ⬇こちらの解説です。

sue-a.hatenablog.com

 

 

1.代謝障害について正しいのはどれか。1つ選べ。

答え 生体を構成する物質の同化や異化を含める化学反応を代謝という

物質が体内で合成されたり分解されたりする過程を「代謝」という。

救急救命士標準テキスト10 p.159

 

2.代謝障害について正しいのはどれか。1つ選べ。

答え Ⅱ型糖尿病は外傷や感染症を契機に高浸透圧高血糖症候群に陥ることがある

外傷や感染症を契機に、高浸透圧高血糖症候群に陥ることがあると2型糖尿病の説明文に記載されている。

救急救命士標準テキスト10 p.606〜607

 

3.代謝障害について正しいのはどれか。1つ選べ。

答え 肝不全で尿素サイクルが機能しない病態ではアミノ基が亢進し高アンモニア血症となる

肝不全で尿素サイクルが機能しない病態では、アミノ基の処理ができなくなり、高アンモニア血症となる。

救急救命士標準テキスト10 p.595

 

4.代謝障害について正しいのはどれか。1つ選べ。

答え 過換気症候群が急性の呼吸性アルカローシスの典型である

肺胞での換気が正常以上に増加して、血中の二酸化炭素分圧が低下しアルカローシスとなる病態を呼吸性アルカローシスという。過換気症候群が急性の呼吸性アルカローシスの典型である。

救急救命士標準テキスト10 p.613

 

5.代謝障害について正しいのはどれか。1つ選べ。

答え 甲状腺機能亢進症は甲状腺ホルモンが過剰になった病態でバセドウ病ともいわれる

甲状腺ホルモンの過剰分泌によるもので多いのはバセドウ病である。

救急救命士標準テキスト10 p.614

 

6.感染について正しいのはどれか。1つ選べ。

答え 細菌は原核細胞である

細菌は、自己増殖できる最小の単細胞の原核生物である。

救急救命士標準テキスト10 p. 178

 

7.出血について正しいのはどれか。1つ選べ。

答え 漏出性出血は主に毛細血管の領域で生じる

漏出性出血は血管内皮障害などによって、主に毛細血管の領域で血管内皮細胞の間隙が増大し、血液が漏れ出ることで生じる。

救急救命士標準テキスト10 p. 183

 

8.代謝性アシドーシスについて正しいのはどれか。1つ選べ。

答え 酸の排泄障害でみられる

ショックに伴う乳酸の産生、糖尿病ケトアシドーシスにおけるアセト酢酸やヒドロキシ酢酸(ケトン体)の蓄積、酸の誤飲による中毒、腎不全による酸の排泄障害などでみられる。

救急救命士標準テキスト10 p. 613

 

9.骨折の治癒について正しいのはどれか。1つ選べ。

答え 骨折により骨髄、骨膜などの血管が損傷、出血し、血腫が形成される

炎症期の説明文に記載されている。

救急救命士標準テキスト10 p.192

 

10.死斑について正しいのはどれか。1つ選べ。

答え 心停止後18時間以降では消退しなくなる

心停止後18時間までは死斑は指圧によって消退するが、それ以降は消退しなくなる。

救急救命士標準テキスト10 p. 195

 

11.血中濃度の4段階の分類に含まれないのはどれか。1つ選べ。

答え 作用濃度

血中濃度は無効濃度、有効濃度、中毒濃度、致死的濃度の4段階に分類される。

救急救命士標準テキスト10 p. 202

 

12.観察について正しいのはどれか。1つ選べ。

答え 脈拍は動脈の拍動を示し、心拍は心臓の収縮を示している

脈拍は動脈の拍動を示し、心拍は心臓の収縮を示しているが、血液循環の指標として含めている

救急救命士標準テキスト10 p. 301

 

13.クスマウル呼吸を呈するのは病態はどれか。1つ選べ。

答え 尿毒症

クスマウル呼吸は、中断のない持続的、規則的な深呼吸であり、中程度までの頻呼吸を伴う。糖尿病ケトアシドーシスなど高度な代謝性アシドーシスや尿毒症などの際にみられる。

救急救命士標準テキスト10 p. 306

 

14.顔面の観察所見と疾患の組合せで正しいのはどれか。1つ選べ。

答え 重症筋無力症ー眼瞼下垂

眼瞼下垂は、動眼神経麻痺、ホルネル症候群、重症筋無力症などで認められる。

救急救命士標準テキスト10 p. 314

 

15.パルスオキシメータについて正しいのはどれか。1つ選べ。

答え 人工呼吸の効果確認に使用する

パルスオキシメータの目的は、傷病者の呼吸状態(とくに肺の酸素化の状態)や酸素投与、人工呼吸を行った際の効果の確認を目的にしている。

救急救命士標準テキスト10 p. 332