sue-aのブログ

消防士のためのブログ。消防士の仕事をしている中で有益な情報を発信します。救急救命士国家試験問題毎日更新中💯。消防昇任試験問題も不定期ですが更新しています。

第42回 救急救命士学力テストの解説

 ⬇こちらの解説です。

sue-a.hatenablog.com

 

  

1.34歳の男性。通勤途中の駅で体調不良を訴えたため駅員が救急要請した。救急隊到着時観察所見:バイタルサインに異常を認めない。本人は、何の前触れもなく心臓のドキドキが始まり、はっきり感じられるほど強くなった。呼吸が速くなり息ができない感じがする。胸の痛みと吐き気があり、腹部に不快感があると訴える。

この傷病者に当てはまるのはどれか。1つ選べ。

パニック発作は、動悸・頻脈、発汗、息切れ、窒息感、めまい、吐き気などの症状が場所や状況にかかわらず、突然起こる。”死んでしまうのではない”といった恐怖感も伴う。

こうした突然の発作を繰り返すうちに、以前発作を起こった場所や状況に身を置くと、緊張が高まり(予期不安)、発作が起こりやすい状況を作り、結果的に発作を引き起こしてしまう。パニック障害が典型的であるが、その他の精神疾患でもよくみられる。

救急救命士標準テキスト10 p.679

 

2.28歳の女性。精神疾患の既往があり通院中である。高さ8mの歩道橋からアスファルトの道路上に臀部から落ちたため、目撃した通行人が救急要請した。救急隊到着時観察所見:意識JCS20。呼吸数26/分。脈拍120/分。血圧86/40mmHg。足関節の開放骨折を認める。

この傷病者の病態で可能性が高いのはどれか。1つ選べ。

答え 前後圧迫型骨盤骨折

f:id:a-_-s0404:20210916125301j:plain

墜落外傷と損傷部位

。地面と最初に接触した部分にはもっとも大きな直達外力が働く。頭部から落ちた場合は、重篤な頭部外傷や頸椎・頸髄損傷をきたし、致死的となる。側面から落ちた場合は落ちた側の肋骨や上下肢、骨盤の骨折を生じる。地面と最初に接触した部分だけでなく、接触部位から離れた部位にも介達外力や減速機序による損傷が生じる。足から墜落した場合は踵骨など足の骨折にはじまり、骨を介して下肢、骨盤、脊椎の骨折を合併しやすい。

救急救命士標準テキスト10 p.699

 

3.医療関係法規についての組合せで誤っているのはどれか。1つ選べ。

答え 医師の免許ー医療法

医師の免許は、医師法により規定される職種

救急救命士標準テキスト10 p.32

 

4.救急救命士について正しいのはどれか。1つ選べ。

答え 保健医療従事者である

救急救命士は医療従事者に含まれる。

救急救命士標準テキスト10 p.33

 

5.医療法上の医療提供施設でないのはどれか。1つ選べ。

答え 保健所

医療法上、医療を提供する施設(医療提供施設)には、病院、診療所、介護老人保健施設、介護医療院、調剤薬局などが該当する。

救急救命士標準テキスト10 p.31

 

6.医療法では病床を何床以上有している医療機関を病院と規定しているか。1つ選べ。

答え 20床

病院は20床以上の病床を有する医療機関をいい、診療所は、病床を有さないか、19床以下の病床を有する医療機関をいう。

救急救命士標準テキスト10 p. 31

 

7.熱傷の病態で正しいのはどれか。1つ選べ。

答え 毛細血管透過性亢進により広範囲の浮腫が起こる

壊死細胞から放出されるヒスタミンなどの炎症性メディエータによって熱傷部位に白血球が遊走し、Tリンパ球などが放出するサイトカインによって局所の炎症を生じるが、広範囲熱傷では炎症は全身性となる。熱による直接の血管損傷、および炎症による毛細血管の透過性亢進によって、血漿成分が血管外に漏出して広範囲の浮腫が起こる。

救急救命士標準テキスト10 p. 760

 

8.絞頸について正しいのはどれか。1つ選べ。

答え 頭部の骨格筋の損傷を生じる

f:id:a-_-s0404:20210916132342j:plain

縊頸と絞頸

 

救急救命士標準テキスト10 p. 779

9.ハチ刺傷について正しいのはどれか。1つ選べ。

答え ハチ毒素による直接作用とアレルギー反応がある

ハチ刺症ではハチ毒に含まれる酵素類がアレルゲンとなる。

救急救命士標準テキスト10 p.619〜620

 

10.誤嚥による化学性肺炎が致命的となる急性中露はどれか。1つ選べ。

答え 酸

高齢者では誤嚥に対する防御機能の低下が背景にあり、組織の脆弱化から胃の一部が縦隔に移動する食道裂孔ヘルニアになりやすく、胃内容物の逆流による誤嚥性肺炎の危険性が高まる。

胃液は酸性度が高いので、誤嚥すると重症の化学性肺炎を起こす。

救急救命士標準テキスト10 p. 663〜664

 

11.エタノール血中濃度 (mg/dl)単純酩酊の症状の組合せで正しいのはどれか。1つ選べ。

答え 100~250ー小脳失調

f:id:a-_-s0404:20210916134544j:plain

単純酩酊の症状

救急救命士標準テキスト10 p. 802

 

12.小児に多い消化管異物はどれか。1つ選べ。

答え ボタン

小児では、硬化、瓶のフタ、ボタン、ボタン型アルカリ電池およびコイン型リチウム電池、玩具などが多い。

救急救命士標準テキスト10 p. 810

 

13.溺水について誤っているのはどれか。1つ選べ。

答え 溺水傷病者における頸椎損傷の発生率はおよそ10%である

溺水傷病者における頸椎損傷の可能性は低く、発生率はおよそ0.5%である。したがって、全ての溺水傷病者に用手的頸椎保護や全身固定を行う必要はない。

救急救命士標準テキスト10 p.813

 

14.熱中症について正しいのはどれか。1つ選べ。

答え 認知症熱中症弱者に該当する

f:id:a-_-s0404:20210916135528j:plain

熱中症弱者

 

救急救命士標準テキスト10 p.815

 

15.保健所が行う業務はどれか。1つ選べ。

答え 歯科保健に関する事項

f:id:a-_-s0404:20210906124905j:plain

救急救命士標準テキスト10 p. 24