sue-aのブログ

消防士のためのブログ。消防士の仕事をしている中で有益な情報を発信します。救急救命士国家試験問題毎日更新中💯。消防昇任試験問題も不定期ですが更新しています。

第45回 救急救命士学力テストの解説

 ⬇こちらの解説です。

sue-a.hatenablog.com

 

  

1.40歳代の男性。友人と飲食店で食事中に食物を喉に詰まらせ救急要請された。 救急隊到着時観察所見:意識 JCS300。心肺停止状態であった。マギール鉗子で肉団子を2 個摘出した。バッグ・バルブ・マスクによる人工呼吸では、胸部挙上良好であったが、胸部の聴診で湿性ラ音を聴取した。

最も適切な気道確保方法はどれか。1つ選べ。

答え 気管挿管

異物による心肺停止の場合、気管挿管の適応である。

救急救命士標準テキスト10 p.809〜810

 

2.72歳の男性。高血圧で薬物治療中である。トイレで倒れたため家族が救急要請した。 救急隊到着時観察所見:意識清明。呼吸数 20/分。脈拍 72/分、整。血圧 198/92mmHg。頭痛、嘔気を訴えている。

搬送時の適切な体位はどれか。1つ選べ。

答え 頭部高位

頭痛、嘔気を訴えて血圧の上昇を認めることから、脳出血を疑う。脳出血の大部分は高血圧が原因であり、動脈硬化により直径0.1〜0.3mm程度の細動脈に生じた小動脈瘤が、血圧上昇で破綻するためと考えられている。

救急救命士標準テキスト10 p.552

 

3.I度熱中症でみられるのはどれか。1つ選べ。

答え こむら返り

f:id:a-_-s0404:20210922131637j:plain

熱中症の重症度分類と症状・治療(日本救急医学会)

救急救命士標準テキスト10 p.817

 

4.血漿浸透圧にもっとも関与するのはどれか。1つ選べ。

答え ナトリウム

血漿浸透圧にもっとも影響するのはナトリウムイオンであり、水はナトリウムイオンとともに移動すると考えてよい。

救急救命士標準テキスト10 p.62

 

5.細胞内液の成分で最も多いイオンはどれか。1つ選べ。

答え カリウム

f:id:a-_-s0404:20210922133508j:plain

体液(細胞外液と細胞内液)の比較

 

血漿では、ナトリウムイオンが、細胞内液ではカリウムイオンが多い。

救急救命士標準テキスト10 p.60

 

6.頚部の構造について正しいのはどれか。1つ選べ。

答え 鎖骨上窩は上気道閉塞で陥没する部位である

鎖骨の上方には小さな凹み(鎖骨上窩)があり、上気道閉塞では吸気時により陥凹する。

救急救命士標準テキスト10 p.68 

 

7.腹膜腔に存在する臓器はどれか。1つ選べ。

答え 肝 臓

解剖学的には横隔膜より下が腹部である。

f:id:a-_-s0404:20210922140340j:plain

胸部前方からみた胸郭および腹部内蔵の位置
肝臓、胃、腸など消化系の臓器と脾臓が含まれる。

救急救命士標準テキスト10 p. 76

 

8.失神の原因となるのはどれか。1つ選べ。

答え 起立性低血圧

起立性低血圧、神経調節性失神(反射性失神)、心血管性失神を「失神」と呼ぶ。

救急救命士標準テキスト10 p. 519

9.吸気性喘鳴がみられるのはどれか。1つ選べ。

答え 喉頭蓋炎

吸気性喘鳴は喉頭、頸部、気管の上で主に吸気時に聴かれる高調性の連続性ラ音であり、気管支異物、仮性クループ喉頭蓋炎、気管・気管支腫瘍で聴取され、重篤な上気道狭窄を意味する。

救急救命士標準テキスト10 p.559

 

10.最近の人工透析導入の原因疾患として最も多いのはどれか。1つ選べ。

答え 糖尿病腎症

2017年末、慢性腎臓病の患者は1330万人、透析治療を受けている患者は334,505人で、増加傾向にある。透析導入になった原因としては、糖尿病が125,247人で39.0%を占め、次いで糸球体腎炎が89,472人で27.8%を占める。

救急救命士標準テキスト10 p. 600

 

11.アナフィラキシー症状で最も緊急度の高いのはどれか。1つ選べ。

答え 嗄声

f:id:a-_-s0404:20210922142616j:plain

アナフィラキシーの症状

呼吸器系の症状は、酸素化に大きな影響を及ぼすため重症度は高い。

救急救命士標準テキスト10 p.391

 

12.外傷傷病者の初期評価で正しいのはどれか。1つ選べ。

答え 皮膚性状観察

初期評価には、反応と気道の評価、呼吸の評価、循環の評価、意識レベルの評価がある。循環の評価では、橈骨動脈の脈拍の強さと速さを確認した後、前腕などで皮膚の性状(色、湿り、温度)を観察することと記載されている。

救急救命士標準テキスト10 p. 709〜710

 

13.静脈還流障害を呈するのはどれか。1つ選べ。

答え 腹部コンパートメント症候群

ダメージコントロール手術の後や重症の腹部外傷などで、腹腔内(あるいは後腹膜腔内)に多量の血液が貯留したり、腸管自体の浮腫によって腹腔内圧が病的に上昇した状態を腹部コンパートメント症候群という。腹部臓器の血液灌流が障害されるほか、胸腔内圧も上昇して静脈還流が減少し、心拍出量も低下する。

救急救命士標準テキスト10 p.742

 

14.Ⅲ度熱傷でみられるのはどれか。1つ選べ。

答え 無痛

f:id:a-_-s0404:20210922144023j:plain

熱傷深度推定法

Ⅲ度熱傷では、白色で固く伸展性のない皮膚になり、疼痛はない。

救急救命士標準テキスト10 p.763

 

15.化学物質による急性中霧が疑われる傷病者の現場対応で最も優先度が高いのはどれか。1つ選べ。

答え 救助者の安全確保

f:id:a-_-s0404:20210922144651j:plain

化学損傷の判断と応急処置の手順

不用意な初期活動は救助者の二次汚染を招くので注意する。
CBRNE災害を強く疑う状況では、先着隊はまず自身(救助者)の安全確保を行って現場活動は状況評価にとどめ、現場保存および応援要請、同僚および関係者、必要な場合は市民の避難誘導を優先する。

救急救命士標準テキスト10 p.769