sue-aのブログ

消防士のためのブログ。消防士の仕事をしている中で有益な情報を発信します。救急救命士国家試験問題毎日更新中💯。消防昇任試験問題も不定期ですが更新しています。

第59回 救急救命士学力テストの解説

 ⬇こちらの解説です。

sue-a.hatenablog.com

 

 

  

1.3歳の男児。口から泡を吹き、上肢屈曲位でガクガクさせる痙攣を発症したため母親が救急要請した。救急隊到着時観察所見:症状は消失し、母親に抱かれ泣いている。救急隊が観察しようとすると「いやだ」と叫び、四肢を活発に動かしながら隊員を叩き、さらに強く泣く状態である。

この傷病者への対応で適切なのはどれか。1つ選べ。

答え 母親に体温測定を依頼する

熱性痙攣後の対応についてであるが、救急隊到着時、泣いており痙攣は治まっているので焦らず対応したい。

特に救急隊への抵抗が強い時は不要に刺激を与えず、安心感を与えるよう気を配りたい。

体温測定も母親に依頼し極力抵抗を与えずバイタルサイン測定を行う。

救急救命士標準テキスト10 p.649

 

2.75歳の男性。食事中に刺身を喉に詰まらせたため、家族が救急要請した。救急隊到着時観察所見:意識JCS300。呼吸はないが、総頸動脈は触知できる。直ちに喉頭展開を実施し刺身を取り除いたが、自発呼吸は認めない。

この傷病者への対応で適切なのはどれか。1つ選べ。

答え 静脈路確保のための輸液

現在は呼吸停止状態である。他の選択肢は適応にならない。

f:id:a-_-s0404:20211015134830j:plain

医師の具体的指示を必要とする救急救命処置

静脈路確保のための輸液は、「心臓機能停止または呼吸機能停止の状態」の傷病者に実施できる。

救急救命士標準テキスト10 p.263

 

3.68歳の男性。高脂血症狭心症で内服治療中である。食事中に急に胸が締め付けられるような痛みを感じ、嘔吐をしたため家族が救急要請した。救急隊到着時観察所見:意識 JCS30。呼吸数 24/分。脈拍 116/分。血圧 146/84 mmHg。体温 35.7°C。SpO2値 97%。痛みの程度に変化はなく20分以上続いている。

この傷病者について「救急振興財団:平成 15 年度救急搬送における重症度・緊急度判断作成委員会報告書」で重症と判断する項目はどれか1つ選べ。

答え 胸痛持続時間

f:id:a-_-s0404:20211015135243j:plain

救急救命士標準テキスト9版p.432から。

救急救命士標準テキスト10 p.328〜329

 

4.放射線被曝を伴う検査はどれか。1つ選べ。

答え 血管造影検査

血管造影検査とは、X線を用いてカテーテルより体内の血管へ造影剤(血管を移す薬剤)を注入して血管の異常を観察する検査。

救急救命士標準テキスト10 p.213〜214

 

5.尿簡易検査の所見と原因の組合せで正しいのはどれか。1つ選べ。

答え 尿蛋白陽性 糸球体腎炎

尿pHは正常で6前後であり、アルカリ尿は尿路感染の可能性がある。尿糖と尿ケトン体は糖尿病のスクリーニングに、尿潜血は尿路感染症・尿路結石・腫瘍のスクリーニングに用いられる。

尿蛋白は腎疾患の可能性を示唆するが、正常でも運動負荷で出ることがある。

救急救命士標準テキスト10 p.212

 

6.75歳の男性。COPD<慢性閉塞性肺疾患>のため在宅酸素療法中である。湿性咳嗽、呼吸困難および著明な冷汗があり家族が救急要請した。救急隊到着時観察所見:JCS2。呼吸数36/分。脈拍124/分、整。血圧146/76mmHg。体 温38.4℃。SpO2値85%。

搬送先の病院で、まず行われると予想される検査はどれか。1つ選べ。

答え 動脈血液ガス検査

血液ガス分析装置を用いた検査で、採取した動脈血を分析装置に注入すると自動的に、pH(水素イオン指数)、PaO2(動脈血酸素分圧)、PaCO2(動脈血二酸化炭素分圧)、HCO3-(炭酸水素イオン)濃度、BE(過剰塩基)などのデータが得られる。

低酸素血症や換気異常、酸塩基平衡の異常を調べるために行われる。ショック、呼吸不全、腎不全などで異常値がもたらされる

救急救命士標準テキスト10 p.211〜212

 

7.82歳の男性。路上で転倒して頭部を打撲したため、目撃した通行人が救急要請した。 救急隊到着時観察所見:意識清明。呼吸数16/分。脈拍80/分、整。SpO2値95%。右側頭部に皮下血腫、右肘部に擦過傷を認める。目撃者によると、道路の段差につまずいて転倒し、意識消失は約1分程度であったとのことである。

この傷病者の転帰に大きく影響する可能性の高い常用薬はどれか。1つ選べ。

答え ワルファリン

ワルファリンは経口抗凝固薬であり、血液凝固を阻害します。少しの出血なら健常者であれば、止血も容易なところ、血栓性疾患のある傷病者では命に関わるケースもある。

救急救命士標準テキスト10 p.618

 

8.「総務省消防庁:令和2年版救急・救助の現況」における救急自動車による救急搬送人員について正しいのはどれか。1つ選べ。

答え 急病では高齢者が最も多い

令和元年中の救急自動車による急病の搬送人員 392 万 2,274 人。疾病分類別でみると、脳疾患、心疾患等を含む循環器系が多く、59 万 1,394 人(15.1%)となっている。特に高齢者ではその割合が高くなっており、19.0%を占めている

f:id:a-_-s0404:20211015142639p:plain

救急救命士標準テキスト10 p.251

 

9.「総務省消防庁:令和元年版救急・救助の現況」における現場到着所要時間(入電から現場に到着するまでに要した時間)で頻度が最も多いのはどれか。1つ選べ。

答え 5分以上10分未満

f:id:a-_-s0404:20211015142854p:plain

現場到着所要時間別出動件数の状況(入電から現場到着までの所要時間別出動件数)

5分以上10分未満が62.4%である。

救急救命士標準テキスト10 p.622

 

10.初期救急医療機関はどれか。1つ選べ。

答え 小児初期救急センター

初期救急医療機関とは、「外来診療によって救急患者の医療を担当する医療機関であり、救急医療に携わることを表明する医療機関」と定義されている。

在宅当番医、休日夜間急患センターが該当する。

小児初期救急センターも同じカテゴリーである。

救急救命士標準テキスト10 p.225

 

11.我が国の救急医療体制について正しいのはどれか。1つ選べ。

答え 小児救急電話相談の短縮ダイヤルは♯8000である

休日・夜間に子どもが発病し、救急受診に至る必要性や緊急性を判断するために、全国同一の短縮ダイヤル♯8000に電話をすれば、看護師や小児科医師が相談に応じるシステムが全国に普及しつつある。

救急救命士標準テキスト10 p.227〜228

 

12.高度救命救急センターの診療体制として確立しなければならない特殊疾患はどれか。1つ選べ。

答え 急性中毒

高度救命救急センターは、広範囲熱傷、指肢切断、急性中毒などの特殊疾病患者を受け入れる救命救急センターである。

救急救命士標準テキスト10 p.226

 

13.平常時に救急医療情報センターが収集する情報で誤っているのはどれか。1つ選べ。

答え 傷病者転送必要数

救急医療情報システムは、救急医療情報からリアルタイムで、診療科別医師の存否、診療科別の手術および処置の可否、病室の空床状況(診療科別、男女別、集中治療室などの特殊病室、その他)などの情報が送られる。

 

救急救命士標準テキスト10 p.228

 

14.災害対策基本法に近年追加されたものはどれか。1つ選べ。

答え 地滑り

「竜巻」北海道佐呂間町竜巻災害(2006年)を機に追加された。

同様に近年起こった災害を契機として「崖崩れ、土石流」「地滑り」も追加された。

救急救命士標準テキスト10 p.233

 

15.CSCATTTについて正しいのはどれか。1つ選べ。

答え Assessmentは活動方針を立てるために情報の精度を高め整理、分析することである

f:id:a-_-s0404:20211015145054j:plain

災害に体系的に対応するための活動原則(CSCATTT)

安全確保は災害現場での安全確保の三要素としてself(自分、救助者、救護者、現場)、scene(現場)、surivivor(生存者=傷病者、要救助者)を意味する。

救急救命士標準テキスト10 p.234〜237

 

f:id:a-_-s0404:20210715212327j:plain