sue-aのブログ

消防士のためのブログ。消防士の仕事をしている中で有益な情報を発信します。救急救命士国家試験問題毎日更新中💯。消防昇任試験問題も不定期ですが更新しています。

第60回 救急救命士学力テストの解説

 ⬇こちらの解説です。

sue-a.hatenablog.com

 

 

  

1.46歳の男性。数か月前から時々右目の周りがピクピクしていた。本日、車を運転中に右目の周りから口の方までピクピクするようになってしまい、目を開けてい られないため本人が救急要請した。救急隊到着時観察所見:意識清明。呼吸数 181分。脈拍 84/分、整。血圧 126/66 mmHg。体温 36.7°C。SpO2値98%。右上眼瞼部に断続的不随意収縮を認め、痛みや四肢の麻痺、構音障害は認めない。

この傷病者の病態として最も考えられるのはどれか。1つ選べ。

答え ジャクソン発作

単純型局所性発作の運動症状を伴うもののうち、局所で起こった痙攣が隣接する部位に進展していく発作をジャクソン発作と呼び、大脳皮質での電気的興奮の広がりに合わせ、通常顔面や手からはじまり同側の上下肢に増大しながら進展することが多い。

救急救命士標準テキスト9 p.726

救急救命士標準テキスト10 p.497、555

 

2.55歳の男性。既往はない。トイレからの物音により家族が様子を見に行ったところ、倒れていたため救急要請された。救急隊到着時観察所見:意識 JCS1。呼吸数 18/分。脈拍 56/分、整。血圧 108/58 mmHg、SpO2値 97%。体温 35.4°C。顔面蒼白と冷汗を認める。傷病者は便座で排便時にいきんだときに気分が悪くなり、その後の記憶がないと訴える。

この傷病者の病態で考えられるのはどれか。1つ選べ。

答え 状況誘発性失神

f:id:a-_-s0404:20211016070020j:plain

失神の種類と原因疾患

状況失神(状況誘発性失神)は排尿、排便ではいきみで胸腔内圧が上昇して静脈還流量が減ることや、副交感神経系が緊張することが関与し、排泄中または排泄直後に失神する。

救急救命士標準テキスト10 p.520

 

3.55歳の女性。高血圧で内服治療している。夕食中に突然、頭部の痛みを自覚し気分が悪くなり静養していた。1時間後に痛みが強くなり嘔吐した後、意識が朦朧 となったため夫が救急要請した。救急隊到着時観察所見:意識 JCS3、尿失禁あり。呼吸数 24/分。脈拍 78/分、整。血圧 152/80mmHg。体温 36.3°C。SpO2値 98%。

この傷病者の症状増悪に伴い観察される可能性が高い症候はどれか1つ選べ。

答え ST異常

くも膜下出血が疑われる。くも膜下出血では、発症時のストレス反応により心筋障害や神経原性肺水腫を合併することもある。

不整脈やST-T異常などの心電図変化は約半数にみられ、心室細動などの致死性不整脈が病院前死亡の原因の一つとなる。

救急救命士標準テキスト10 p.550〜551

 

4.トリアージについて正しいのはどれか。1つ選べ。

答え 何度も繰り返し行うことが原則である

トリアージとは、ある目的をもって多くの対象物から”選び出すこと、選別すること”を意味する。

時間経過や治療処置の有無により傷病者の病態は容易に変化するため、トリアージは何度も繰り返されることになる。

救急救命士標準テキスト10 p.237

 

5.医療機関がDMAT(災害派遣医療チーム)を派遣するのはどこの要請に基づくか。1つ選べ。

答え 都道府県

厚生労働省「防災業務計画」に基づき、各都道府県および市町村は「地域防災計画」のなかで災害医療対応計画を策定することが定められている。

国が提示している災害医療機能の策定指針には、災害拠点病院としての機能、DMATなど医療従事者を応援派遣する機能、救護所・避難所等において健康管理を実施する機能がある。

都道府県には、これらの指針を参照しながら、それぞれの実情に沿った医療計画を作成することが期待されている。

救急救命士標準テキスト10 p.240

 

6.列車事故の多数傷病者に二次トリアージを行った。一次トリアージで緑色のタッグをつけ られている傷病者は開眼しており、呼吸数24/分。脈拍80/分、整。血圧140/90mmHg。顔面擦過傷と前腕にⅡ度の手掌大の熱傷とを認める。月日や場所を聞いたところ正確に答え、「妊娠8か月です」と心配そうに話している。医師がタッグを緑色から黄色に変更した。

この判断の根拠はどれか。1つ選べ。

答え 妊 娠

f:id:a-_-s0404:20211016071306j:plain

二次トリアージ:PAT法

第4段階:要配慮者(災害弱者)の扱いの欄に乳幼児・児童、妊婦、高齢者、障害者、有病者・基礎疾患のある傷病者、旅行者、外国人、施設入所者と記載されている。

救急救命士標準テキスト10 p.238

 

7.日本蘇生協議会ガイドライン2015」における救命の連鎖の2番目の輪に関わる行動はどれか。1つ選べ。

答え 通報者への一次救命処置の口頭指導

f:id:a-_-s0404:20211016071615j:plain

救命の連鎖

救命の連鎖2番目の行動として、通報を受けた通信指令室は心停止の可能性を聴取し、救急隊に出動指令を下すとともに、通報者に対して一次救命処置の口頭指導を行う。

救急救命士標準テキスト10 p.221

 

8.病院前救護に含まれるのはどれか。1つ選べ。

答え 救急救命士による交通事故現場での傷病者の観察

他の選択肢は、病院前診療についての記載もしくは病院後、救急救命士の生涯教育に含まれる内容でなる。

救急救命士標準テキスト10 p.224、231

 

9.メディカルコントロール体制における事後検証について正しいのはどれか。1つ選べ。

答え 情報源は救急活動記録票である

事後検証票は救急活動記録票を基に、地域のメディカルコントロール協議会によって作成される。

救急救命士標準テキスト10 p.231

 

10.応急手当講習の標準講習にあたるのはどれか。1つ選べ。

答え 上級救命講習

f:id:a-_-s0404:20211016072732j:plain

消防機関が行う応急手当の普及にかかわる講習

 

救急救命士標準テキスト10 p.222

 

11.直接的メディカルコントロールに該当するのはどれか。1つ選べ。

答え 搬送先選定の助言

オンラインメディカルコントロール医療機関や消防機関の通信指令室などに待機する医師が、電話や無線などにより活動中の救急救命士と直接通信を行うものである。

救急救命士は口頭で、特定行為の指示、処置の指導・助言、医療機関選定の助言を得る。

救急救命士標準テキスト10 p.230

 

12.病院前救護のPDCAサイクルの中で「A」はどれか。1つ選べ。

答え 救急救命士の再教育の実施

f:id:a-_-s0404:20211016073214j:plain

メディカルコントロールのコア業務とPDCAサイクル

 

救急救命士標準テキスト10 p.231

 

13.通信指令員が行う口頭指導で、応急手当の標準的な指導項目に含まれていないのはどれか。1つ選べ。

答え 開放骨折手当

口頭指導は、傷病者の近くにいる通報者やバイスタンダーなどに対して、通信指令室や出動途上の救急隊から電話を活用して、①心肺蘇生法、②気道確保・異物除去法、③止血法、④熱傷手当、⑤四肢切断手当などの応急手当に関する協力依頼と指導を行うものである。

 

救急救命士標準テキスト10 p.246

 

14.救急救命士法施行規則に定める救急救命処置録の記載事項はどれか。1つ選べ。

答え 指示を受けた医師の氏名

f:id:a-_-s0404:20211016074226j:plain

 

救急救命士標準テキスト10 p.250〜251

 

15.現場活動の状況評価はどれか。1つ選べ。

答え 現場の安全確認

最優先されるのは救助者地震の安全確保である。

救助者自身の安全が確保されるまで、救護活動を開始してはならない。

救急救命士標準テキスト10 p.708

 

f:id:a-_-s0404:20210715212327j:plain