sue-aのブログ

消防士のためのブログ。消防士の仕事をしている中で有益な情報を発信します。救急救命士国家試験問題毎日更新中💯。消防昇任試験問題も不定期ですが更新しています。

第65回 救急救命士学力テストの解説

 ⬇こちらの解説です。

sue-a.hatenablog.com

 

 

  

1.30歳の女性。一般建物火災の室内から救助隊により救助された。救急隊到着時観察所見:傷病者は指揮所に立っている。意識清明。呼吸数 24/分。脈拍 100/分。血圧 120/60mmHg、SpO2値94%。腹声で咽頭痛と呼吸困難を訴え、鼻毛は焼失し、口腔内にススが付着している。顔面全体に発赤が見られ、部分的に水疱が形成されている。

その他の部位に熱傷はない。適切な判断はどれか。1つ選べ。

答え アルツの基準で重症である

f:id:a-_-s0404:20211024082532j:plain

熱傷重症度:アルツの基準

熱傷面積、熱傷深度に加えて、熱傷部位や合併損傷も考慮している点に特徴がある。

重症と該当されるのは顔面の熱傷があり気道損傷合併が疑われるためである。

救急救命士標準テキスト10 p.764

 

2.41歳の男性。自家用車内で練炭自殺を図り、入眠していたところを通行人が発見し救急要請した。救急隊到着時観察所見:傷病者は救助隊により車外に救出されていた。意識 JCS3。呼吸数 12/分。脈拍 60/分、整。血圧 106/68mmHg。SpO2値99%。顔面は紅潮し、頭痛を訴える。

医療機関選定について最も考慮すべき治療はどれか。1つ選べ。

答え 高気圧酸素療法

一酸化炭素中毒に対する対応についての設問である。

傷病者はできるだけ高気圧酸素治療が可能な医療機関に搬送する。

救急救命士標準テキスト10 p.800〜801

 

3.21歳の男性。飲酒後に海で溺れたため救急要請された。救急隊到着時観察所見:傷病者はライフセイバーにより浜辺に救助されていた。意識JCS300。死戦期呼吸を認め、総頸動脈の拍動を触知しない。全身は冷たい。

最も優先される処置はどれか。1つ選べ。

答え 人工呼吸

溺水傷病者に対しては、できるだけ早期に気道確保を行って呼吸の有無を確認する。

呼吸停止と判断した場合は、まず2回の人工呼吸を行う。

救急救命士標準テキスト10 p.813

 

4.70歳の男性。高熱と全身倦怠感とを訴えるため家族が救急要請した。 救急隊到着時観察所見:意識JCS2。呼吸数30/分。脈拍108/分、整。血圧120/84mmHg。 体温39.5℃。SpO2値94%。10年前から糖尿病のためインスリン治療中である。高熱は2日前 から出現し、頭痛、筋肉痛・関節痛および頻繁の咳と鼻汁とを伴う。一昨日に小学生の孫が同様の症状で近医を受診している。

この傷病者の搬送に関する対応として適切なのはどれか。1つ選べ。

答え 傷病者にサージカルマスクを着用させる

病歴や全身症状から結核を疑う場合は、救急隊員はN95マスクを使用した感染防御対策が必要となる。

傷病者にはサージカルマスクを着用させて感染拡大を防止する。

救急救命士標準テキスト10 p.564

 

5.50歳代の男性。路上で倒れていたため通行人が通報した。救急隊到着時にフラフラと立ち上がり観察と処置とを拒否して立ち去ろうとする。前額部の擦過傷とアルコール臭とを認め、呂律もまわっていない。

救急隊の対応として最も適切なのはどれか。1つ選べ。

答え 説得して病院へ搬送する

酩酊者の頭部外傷に対しての対応を問う設問である。

もちろん、酩酊によるふらつき、呂律障害なのかもしれないが、頭部外傷があることから頭の中で何か起こっている可能性も否定できない。

そのため、何とか説得して病院へ搬送すべきである。

救急救命士標準テキスト10 p.715、802

 

6.呼吸について正しいのはどれか。1つ選べ。

答え 新生児の正常呼吸数は40~60/分である

呼吸数は、1分間当たりの呼吸回数で表し、成人で14~20/分である。新生児では40~60/分であり、呼吸数は年齢とともに減少する。

救急救命士標準テキスト10 p.306

 

7.血圧を規定する因子はどれか。1つ選べ。

答え 末梢血管抵抗

血圧を規定する因子は心拍出量と末梢血管抵抗であり、血圧は両者の積で表される。

例えば、末梢血管抵抗は正常であるが心筋梗塞などによって心拍出量が低下した場合には血圧は低下する。

救急救命士標準テキスト10 p.309

 

8.脈拍触知部位で血圧低下に伴って触れにくくなる順番はどれか。1つ選べ。

答え 橈骨動脈 大腿動脈 頸動脈

f:id:a-_-s0404:20211024100656j:plain

脈の触知部位と収縮期血圧の目安

 

救急救命士標準テキスト10 p.309

 

9.打診で鼓音が認められるのはどれか。1つ選べ。

答え 気 胸

胸部打診において、気胸では鼓音が、血胸または胸水貯留では濁音が認められる。

救急救命士標準テキスト10 p.303

 

10.皮下気腫を呈するのはどれか。1つ選べ。

答え ガス壊疽

空気やガスが皮下に貯留した状態を皮下気腫と呼ぶ。

外傷により肋骨骨折や気胸、肺損傷をきたした際に出現する。食道穿孔、ガス壊疽に伴って皮下気腫が出現することもある。

救急救命士標準テキスト10 p.315~316

 

11.触診時の観察で誤っている組合せはどれか。1つ選べ。

答え 粘液水腫 甲状腺腫大

粘液水腫は甲状腺機能低下症でみられる所見である。

甲状腺腫大は甲状腺機能亢進症でみられる。

粘液水腫とは浮腫の一種で、弾力を帯び、骨に向かって圧迫しても凹みが生じないものをいう。

救急救命士標準テキスト10 p.314

 

12.聴診音とその症候の組合せで正しいのはどれか。1つ選べ。

答え 心音減弱 心タンポナーデ

心タンポナーデでみられるベックの三徴の中に心音減弱が含まれている。ベックの三徴(動脈圧低下、外頸静脈怒張、心音減弱)。

救急救命士標準テキスト10 p.734

 

13.火災による全身熱傷傷病者の現場活動で初期評価に該当するのはどれか。1つ選べ。

答え 気道状態の観察

気道状態が不安定な場合は緊急性が高い。なぜなら、呼吸抑制をかけてしまうからである。

酸素投与を行い、意識状態の評価、気道・呼吸管理、循環管理を重点的に行う。必要に応じて補助換気または人工呼吸を行う。

 

救急救命士標準テキスト10 p.762、764

 

14.生命危険が切迫している状態か否かを判断する観察はどれか。1つ選べ。

答え 初期評価

初期評価とは、生命機器が切迫している状態か否かを生理学的に判断する観察である。観察結果から早急に対応しなければ生命機器が切迫する状態では、直ちに気道確保や異物除去、人工呼吸、酸素投与、止血などの処置を行う。

救急救命士標準テキスト10 p.248

 

15.現場活動の状況評価に含まれるのはどれか。1つ選べ。

答え 感染防御

現場活動の状況評価には「感染防止」、「携行資器材の確認」「安全確認と二次災害防止」である。

救急救命士標準テキスト10 p.246~247

 

f:id:a-_-s0404:20210715212327j:plain