sue-aのブログ

消防士のためのブログ。消防士の仕事をしている中で有益な情報を発信します。救急救命士国家試験問題毎日更新中💯。消防昇任試験問題も不定期ですが更新しています。

第90回 救急救命士学力テストの解説

 ⬇こちらの解説です。

 

sue-a.hatenablog.com

 

 

1.頭部外傷時に脳ヘルニアを疑うべき所見はどれか。1つ選べ。

答え 瞳孔不同

鉤回ヘルニアの初期(動眼神経障害期)には瞳孔不同が認められる。

救急救命士標準テキスト10 p.475

 

2.顔面外傷の傷病者で最初に観察すべきなのはどれか。1つ選べ。

答え 気道の開通

重症の顔面・頸部外傷では下顎骨折に伴う舌根沈下のほか、上気道を構成する軟部組織の腫脹、あるいは異物(出血や吐物、骨折片、歯牙など)によって気道が脅かせれやすい。

救急救命士標準テキスト10 p.722

 

3.脊椎・脊髄外傷について正しいのはどれか。1つ選べ。

答え 圧迫骨折より破裂骨折のほうが脊髄症状を生じやすい

圧迫骨折は通常、神経症状を伴わない。外力が強い場合には、椎体後面まで骨折が及んで破裂骨折となる。

救急救命士標準テキスト10 p.727

 

4.胆石症の疝痛発作の特徴で正しいのはどれか。1つ選べ。

答え 油物の過食が誘因となる

過労や油物の過食後、夜間に起こることが多く心窩部から右季肋部部にかけての差し込むような強い痛みである。 

救急救命士標準テキスト10 p.596

 

5.単純性イレウスでみられる症候はどれか。1つ選べ。

答え 排ガスの停止

イレウス、腸閉塞の主な症候は悪心・嘔吐、腹痛、腹部膨満、排便・排ガスの停止である。

救急救命士標準テキスト10 p.592

 

6.上腸間膜動脈塞栓症について正しいのはどれか。1つ選べ。

答え 腹膜刺激症状は認められないことがある

突然の強い腹痛で発症する。腹痛は腹部全体に起こり痛みは持続痛である。広範囲の腸管虚血にも関わらず、腹膜刺激症状が認められないことがあり、特に高齢者においてその傾向が強い。

救急救命士標準テキスト10 p.593

 

7.マロリー・ワイス症候群について正しいのはどれか。1つ選べ。

答え 胃噴門部から食道にかけての裂創が多い

腹腔内圧の上昇により食道胃接合部の粘膜にストレスがかかり、粘膜下層までの裂創を生じ、粘膜下の血管が破綻して出血する。 

胃噴門部小彎から食道にかけての縦走する裂創が多い。

救急救命士標準テキスト10 p.590

 

8.右季肋部を圧迫したまま傷病者に深呼吸をさせると反射的に吸気を中断する徴候がみられた。考えられる疾患はどれか。1つ選べ。

答え 急性胆嚢炎

急性胆道感染症(急性胆嚢炎、急性胆管炎)では、マーフィー徴候を認める。

マーフィー徴候とは、右季肋部に観察者の手を置いて傷病者に深呼吸をさせたとき、肋骨弓下に現れた胆嚢に生じる圧痛のために吸気運動が急に止まる所見である。

救急救命士標準テキスト10 p.532

 

9.突然の左下腹部痛、便意切迫および血性下痢を特徴とする腸疾患はどれか。1つ選べ。

答え 虚血性大腸炎

腹痛をきたす消化系疾患の中で、高齢者、悪心・嘔吐、急速な左下腹部痛、血性下痢は虚血性腸炎を疑う手がかりである。 

救急救命士標準テキスト10 p.530

 

10.シャルコーの三徴に含まれるのはどれか。1つ選べ。

答え 高 熱

急性胆嚢炎の症候は右上腹部痛で、これに高熱、黄疸を合わせてシャルコーの3徴と呼ぶ。

救急救命士標準テキスト10 p.596

 

11.急性肝炎について正しいのはどれか。1つ選べ。

答え B型肝炎は劇症化しやすい

 急性肝炎の経過が重篤で、血液凝固障害と肝性脳症(意識障害)が出現したものをいう。

B型肝炎では、1〜2%と、他の方の肝炎と比べて頻度は高い。 

救急救命士標準テキスト10 p.595

 

12.クッシング潰瘍の原因はどれか。1つ選べ。

答え 頭部外傷

胃粘膜の広い範囲に浮腫、発赤、びらん、浅い潰瘍を生じるものを胃粘膜病変という。

 頭部外傷による反応で潰瘍を引き起こすものをクッシング潰瘍と呼ぶ。

救急救命士標準テキスト10 p.591

 

13.急性虫垂炎について正しいのはどれか。1つ選べ。

答え 内臓痛からはじまる

急性虫垂炎の典型的な症候として、心窩部の痛みなど内臓痛、不快感からはじまり、痛みが徐々に右下腹部痛に限局に変化して体性痛となる。

救急救命士標準テキスト10 p.593

 

14.32歳の男性。2週間前から便の色が黒くなり、飲食により軽快する心窩部痛を認めるようになった。突然、洗面器半分程度の吐血があり家族が救急要請した。救急隊到着時観察所見:意識清明。呼吸数24/分。脈拍120/分、整。血圧100/70mmHg。顔面は蒼白である。黄疸はなく、心窩部に圧痛を認めるが筋性防御はない。

考えられる疾患はどれか。1つ選べ。

答え 十二指腸潰瘍

胃潰瘍が食後に痛みが増強するのに対して、十二指腸潰瘍では、空腹時痛、夜間痛である。

つまり、十二指腸潰瘍では、食事を摂ると痛みが寛解するのである。

救急救命士標準テキスト10 p.590〜591

 

15.65歳の男性。昨日飲酒し朝起きてこないため家族が様子を見に行ったところ、意味不明の発語があり救急要請した。救急隊到着時観察所見:意識JCS3。呼吸数30/分。脈拍90/分、整。血圧110/60mmHg。 体温36.4℃。SpO2値93%。黄疸と腹部膨満とがみられ、また上肢を伸ばしたまま保持させると粗いゆっくりした動きが出現する。1つ選べ。

答え 羽ばたき振戦

肝不全を起こしていると考えられる。肝性脳症で昏睡状態になる直前には、特徴的な羽ばたき振戦をきたす。

羽ばたき振戦では、上肢を保持したまま伸ばさせると、粗いゆっくりとしたふるえが出現する。

救急救命士標準テキスト10 p.595

 

▼さらにこちらのLINEで本格的な勉強法について学べます。

\今なら10版対応ゴロ合わせテキスト集–体験版–無料プレゼント実施中/

最短・最速・最効率で国試に受かりたい人向けです