sue-aのブログ

消防士のためのブログ。消防士の仕事をしている中で有益な情報を発信します。救急救命士国家試験問題毎日更新中💯。消防昇任試験問題も不定期ですが更新しています。

第94回 救急救命士学力テストの解説

 ⬇こちらの解説です。 

sue-a.hatenablog.com

 

1.ネコの咬傷に特有な疾患はどれか。1つ選べ。

答え バルトネラ症

特有の感染症として、咬傷やひっかき傷から感染する猫ひっかき傷(バルトネラ症)がある。

バルトネラ・ヘンセン菌による感染症で、受傷後1週間〜10日後に創傷の紅斑・丘疹と、鼠径部や腋窩、頸部に痛みを伴う鶏卵大のリンパ節腫脹を認める。

救急救命士標準テキスト10 p.781

 

2.日本中毒情報センターへの問い合わせが最も覆い中毒物質はどれか。1つ選べ。

答え 家庭用品

もっとも問い合わせが多いのは家庭用品であり、次いで医療用医薬品および一般用医薬品を含む医薬品が多い。

救急救命士標準テキスト10 p.788

 

3.覚醒剤による急性中毒でみられるのはどれか。1つ選べ。

答え 頻脈

アンフェタミン、およびメタンフェタミン覚醒剤という。少量では、気分高揚、多幸感、性欲亢進、活動亢進、疲労感低下、過覚醒、食欲低下などを生じるため、過量摂取となりやすい。

急性中毒では、中枢神経刺激作用(多弁・多動、興奮、焦燥、不安、不穏、錯乱)、交感神経刺激作用(著しい散瞳、四肢冷感、顔面蒼白、発汗過多、頻脈、著明な血圧上昇、口渇、振戦)を生じる。

救急救命士標準テキスト10 p.806

 

4.妊娠中に循環血漿量が最も多くなる週数はどれか。1つ選べ。

答え 32~34週

妊娠中は、循環血漿量が増加し、心拍出量も増加して心臓に負担がかかる。

循環血漿量は、妊娠32〜34週にピークとなり、非妊娠時の約50%増となる。

救急救命士標準テキスト10 p.666

 

5.正常妊娠について正しいのはどれか。1つ選べ。

答え 臍帯動脈は2本である

臍帯は、動脈2本、静脈1本の計3本の血管とそれらを覆う白い組織からなり、胎盤と胎児をつないでいる。

救急救命士標準テキスト10 p.666

 

6.妊娠中期から異常性器出血を来す疾患はどれか。1つ選べ。

答え 前置胎盤

妊娠中期以降、胎盤が内子宮口を覆っている状態を前置胎盤という。

救急救命士標準テキスト10 p.669

 

7.妊娠高血圧症候群と関係のない疾患はどれか。1つ選べ。

答え 前置胎盤

妊娠高血圧症候群は、「妊娠20週以降、分娩後12週までに高血圧がみられる場合、または高血圧に蛋白尿を伴う場合のいずれかで、かつこれらの症状が偶発合併症によらないもの」に「高血圧合併妊娠を加えたもの」となっている。

妊娠高血圧症候群の重症例では、子癇、頭蓋内出血など、突発的に重篤な異常を生じる危険性がある。

救急救命士標準テキスト10 p.668

 

8.不正性器出血を来す疾患のうち腹痛を伴わないのはどれか。1つ選べ。

答え 前置胎盤

前置胎盤では、出血が大量であっても腹痛などの痛みを伴わないことが特徴である。

救急救命士標準テキスト10 p.669

 

9.救急車内にて児が娩出された。1分後の評価では、弱く泣き、筋緊張はだらりとしている、皮膚色は四肢のみチアノーゼがある、鼻腔内吸引にて泣き、脈拍数は110/分であった。

1分後のアプガースコアは何点か。1つ選べ。

答え 6点

f:id:a-_-s0404:20211206102110j:plain

アプガースコア

心拍数:2点

弱く泣き:1点

筋緊張:0点

反射:2点

皮膚色:1点

救急救命士標準テキスト10 p.674

 

10.悪性症候群でみられるのはどれか。1つ選べ。

答え 高体温

悪性症候群では、筋強剛、高熱、意識の変動ならびに自律神経障害を示す。

救急救命士標準テキスト10 p.685

 

11.躁状態の特徴的な症状はどれか。1つ選べ。

答え 観念奔逸

思考、感情、意欲がともに亢進した状態で、観念奔逸(考えが次々と方向も定まらずほとばしり出る状態)、爽快(高揚)気分、行為心拍などの症状が特徴的である。

救急救命士標準テキスト10 p.678

 

12.興奮した傷病者への対応について正しいのはどれか。1つ選べ。

答え 簡潔な言葉で対応する

傷病者を鎮めるための対応として、単文や簡潔な言葉にする方がいい。なぜなら、傷病者は情報処理能力が落ちているので、混乱がひどくなるためである。

救急救命士標準テキスト10 p.680

 

13.パニック発作の特徴について正しいのはどれか。1つ選べ。

答え 予期不安を伴う

パニック発作は、動悸・頻脈、発汗、息切れ、窒息間、めまい、吐き気などの症状が場所や状況にかかわらず、突然起こる。

”死んでしまうのではないか”といった恐怖感も伴う。

こうした突然の発作を繰り返すうちに、以前発作の起こった場所や状況に身を置くと、緊張が高まり(予期不安)、発作が起こりやすい状況を作り、結果的に発作を引き起こしてしまう。

救急救命士標準テキスト10 p.679

 

14.37歳の男性。統合失調症で通院し、最近治療薬が変更された。今朝から異常言動があったため家族が救急要請した。救急隊到着時観察所見:バイタルサインに異常はみられない。開眼したまま一点を凝視し、視線は合わず、呼びかけに反応がない。

この状態像の特徴はどれか。1つ選べ。

答え カタレプシーを認める

昏迷を起こしていると考えられる。

昏迷の中で緊張性昏迷というものがあって、表情は硬く拒絶的で、受動的にとらされた姿勢を、たとえそれが不自然な姿勢であっても、過度に長く保ちつづけて元に戻そうとしないといったカタレプシーが認められることがある。

救急救命士標準テキスト10 p.678

 

15.26歳の女性。下腹部痛を訴え、性器出血があったため家族が救急要請した。 救急隊到着時観察所見:意識JCS1桁。呼吸数30/分。脈拍120/分、整。血圧80/60mmHg。顔面蒼白であり、最終月経は6週前であった。昨日、市販の妊娠判定試薬で陽性であったという。

可能性が高い疾患はどれか。1つ選べ。

答え 異所性妊娠破裂

妊娠判定薬陽性で、下腹部痛と性器出血、ショックバイタルから異所性妊娠を疑う。

救急救命士標準テキスト10 p.668

 

▼さらにこちらのLINEで本格的な勉強法について学べます。

\今なら10版対応ゴロ合わせテキスト集–体験版–無料プレゼント実施中/

最短・最速・最効率で国試に受かりたい人向けです