sue-aのブログ

消防士のためのブログ。消防士の仕事をしている中で有益な情報を発信します。救急救命士国家試験問題毎日更新中💯。消防昇任試験問題も不定期ですが更新しています。

消防昇任試験「消防活動」問題にチャレンジその⑩

>>消防士の昇任試験問題【徹底的に解く】の中で扱った「消防活動」問題をさらに徹底的にやりたい方向け。

15問です。

f:id:a-_-s0404:20210720131348p:plain

 

問題作成 参考書籍



 

 

 

 

【◯✕問題】残火処理要領、現場保存に関する記述について正しいかどうか解答してください。

 

 ★問題文をクリックすると答えが問題下に表示されます★

⬇⬇⬇クリックしてください⬇⬇⬇

1.残火処理時は、疲労等により注意力が散漫になることから、活動各隊を統制して活動にあたらせる。

 

答え 正しい
2.木造建物等の1、2階を残火処理作業する場合は効率性を考え同時に実施する。

 

答え 誤り【木造建物等の1、2階で作業する場合は、原則として上下で同時に活動させない】
3.瓦等を排除する場合は、活動隊に周知するとともに、一次退避させてから実施する。

 

答え 正しい
4.堆積物の上を歩く場合は、釘等鋭利なものによる踏み抜きに十分注意する。

 

答え 正しい
5.注水された焼損物は、水分を含み重量が増加しているので、搬出する場合は、腰部の受傷等に注意する。

 

答え 正しい
6.防ぎょ活動に支障となる電線、配管などを切断した場合は保存しておかなくてもよい。

 

答え 誤り【防ぎょ活動に支障となる電線、配管などを切断した場合は保存しておかなければならない】
7.現場保存の範囲の決定は、調査員と連絡を取って設定し、外部からの立入を禁止する。

 

答え 正しい
8.範囲内の物件、特に発火源と見られる物件があった位置、損傷の程度及び焼き状況などあとで判断できるように確認しておく。

 

答え 正しい

【虫食い問題】消火活動上の留意事項に関する記述について空欄を埋めよ。

9.<◯◯◯◯>壁は、内壁が燃えると剥離倒壊することから、<◯◯◯◯>壁に亀裂や膨らみが生じた場合は危険である。

 

答え <モルタル>
10.<◯◯◯◯>ガスボンベから炎が噴出していた場合は、噴霧注水により<◯◯◯◯>ガスボンベの冷却に努めるとともに、転落防止に配意する。

 

答え <プロパン>
11.<◯◯>タンクが熱により変形した場合は、タンクの規模により安全距離を保ち、<◯◯>注水を行う。

 

答え <灯油>、<冷却>
12.<◯◯>ガスの噴出を伴う火災の場合は、ガスの遮断方策が確定するまで消化せず、周囲への炎症阻止にあたる。

 

答え <都市>

【一問一答問題】火災現場における破壊活動の基本に関する記述について。

13.火災現場における破壊活動の基本的な留意事項として、誤っているものはどれか。 
(1)破壊活動やトタン等の排除で、全隊を当制する必要がある場合は、指揮本部長に報告し、活動の統制を要請する 
(2)破壊活動は、目的と破壊場所を明確にし、中小隊長の管理下で、過剰破壊に留意して実施する
(3)破壊活動は、作業過程におけて急激な状況変化や、破壊により危険な活動環境となる場合があるので、二次的災害の発生防止のため、破壊手順や危険要因を説明し、理解させた後に活動を開始させる
(4)破壊活動は、倒壊危険を考慮して、基本的に建物下側から順序よく行わせる
(5)破壊活動は、破壊に適した破壊器具や足場を選定する

 

答え (4)誤り【破壊活動は、倒壊危険を考慮して、基本的に建物上側から順序よく行わせる】
14.窓ガラスの破壊に関する記述であるが、妥当でないものはどれか。
(1)窓ガラスは窓の側方に位置して破壊し、火煙熱気の噴出とガラスの破片の飛散などによる危険を防止する
(2)窓からの進入のために破壊する場合は、窓枠に残る破片を除去する
(3)上下2段の窓、ガラスは、安全を確保するため下段、上段の順に破壊する
(4)厚手のガラス、硬質ガラスは、中央部でなく四隅を破壊する
(5)網入りガラスは、斧またはハンマーで窓枠に沿ってガラスを破壊し、編みを切りながら破壊する

 

答え (3)誤り【上下2段の窓、ガラスは、上段、下段の順に破壊する】
15.ガラス落下危険区域設定に関する記述のうち、誤りはどれか。
(1)ガラスの落下飛散範囲はガラスの厚さ、大きさ、重さにより異なるが概ね破損した高さの1/3程度であるのでロープ等を利用し危険区域を設定する
(2)飛散範囲に応じた監視拠点を何ヶ所か設け、風の強さ及び風向により飛散範囲の拡大、縮小等を指揮本部へ報告する 
(3)危険区域を明示した場所は、隊員又は消防団員若しくは現場付近の警察官に強力を求め、通行人等の通行を禁止する 
(4)車載拡声器等により警戒区域を設定した理由を広報する 
(5)警戒区域の設定及び警戒に従事する隊員等は、落下ガラスの二次飛散から目を保護するため防じんメガネを着用する 

 

答え (1)誤り【ガラスの落下飛散範囲はガラスの厚さ、大きさ、重さにより異なるが概ね破損した高さの1/2程度であるのでロープ等を利用し危険区域を設定する】

 

 

 ⬇消防士の昇任試験対策のすべてをまとめています。

www.sue-a.org

 

昇任試験対策には人事評価も関わってきます。

消防士の人事評価が気になる方はこちらを。

www.sue-a.org