sue-aのブログ

消防士のためのブログ。消防士の仕事をしている中で有益な情報を発信します。救急救命士国家試験問題毎日更新中💯。消防昇任試験問題も不定期ですが更新しています。

消防昇任試験「消防活動」問題にチャレンジその⑤

>>消防士の昇任試験問題【徹底的に解く】の中で扱った「消防活動」問題をさらに徹底的にやりたい方向け。

15問です。

f:id:a-_-s0404:20210720131348p:plain

 

問題作成 参考書籍



 

 

 

 

【◯✕問題】火災、火炎等の状況判断に関する記述について正しいかどうか解答してください。

 

 ★問題文をクリックすると答えが問題下に表示されます★

⬇⬇⬇クリックしてください⬇⬇⬇

1.ビル火災では、階段等を通じて煙が上階に拡散する。煙に惑わされることなく、煙の最下端が火点であると推定する。

 

答え 正しい
2.厨房室の火災は、たとえ鎮火状態にあっても排気ダクトに火が入っていることが多いことから、ダクト経路を追い、吹き出し口を確認する。

 

答え 正しい
3.窓から噴出する煙は、消防活動の重要な判断要素であり、煙の色及び噴煙の状況を冷静に観察する。特に中性帯を有する場合は、早期に排煙口を設定して排煙作業により内部確認を急ぐ。

 

答え 誤り【むやみに注水することなく、中性帯を活用して内部の状況確認を急ぐ】
4.黄色みを帯びた黒煙に炎が混じるとフラッシュオーバーの発生が近い。このような減少を見逃すことなく内部進入統制、撤退指示等を躊躇することなく行う。

 

答え 正しい
5.防火区画が不完全な場合は、他の区画に濃煙、熱気が流入する。延焼している当該区画外から噴煙している場合は、延焼拡大危険がせまっていると判断し、早期に筒先配備を行う。

 

答え 正しい
6.火炎初期において、延焼面積は経過時間の2乗に比例して拡大する。

 

答え 正しい
7.火炎の中期においては、煙も火炎に変わり、建物上部の窓や軒先などから火炎を噴出し、建物全体に火が回る。

 

答え 誤り【煙も黒煙に変わり、建物上部の窓や軒先などから火炎を噴出し、建物全体に火が回る】
8.火災の最盛期においては、建物全体に火が回った時期で、黒煙は少なく火炎が噴出し、延焼危険が大きく、火炎温度は最高に達する。

 

答え 正しい

【虫食い問題】火炎の状況判断、火災により発生する各種ガスの毒性に関する記述について。

9.火炎の<◯◯期>のおいては、火炎の炎は大きいが、黒煙が少なくなり、建物全体の<◯◯>が起こる危険がある。

 

答え <衰退期>、<崩壊>
10.火炎の<◯◯期>においては、黒煙から白煙に変わり、注水の死角になっている部分がちょろちょろと燃えている程度となる。

 

答え <終息期>/dd>
11.一酸化炭素は、無色、無臭の可燃性ガスで体内に吸収された場合軽いときは、めまい、頭痛を感じ、濃度が<◯>%位あれば、数分以内で死に至る。

 

答え <1>
12.二酸化炭素は、空気より重く、無色、無臭の不燃性ガスで、空気中に<◯.◯◯%>位含まれており、ガス濃度が高くても問題はないが、<◯〜◯%>を超えると頭痛・めまい・吐き気などを催す。

 

答え <0.03%>、<3〜4%>

【一問一答問題】間欠的燃焼の特徴、延焼、フラッシュオーバーが予想される室内の現象に関する記述について。

13.間欠的燃焼の特徴に関する記述であるが、妥当でないものはどれか。 (1)爆発が発生する直前には、火炎室内の有炎現象が止まらない (2)爆発が発生する直前には、一酸化炭素濃度・二酸化炭素濃度は急速に低下する (3)爆発が発生する直前には、火炎室内の温度は急激に低下する (4)爆発が発生する直前には、酸素濃度が上昇する (5)爆発発生直前の室内温度は、フラッシュオーバーの温度より高い

 

答え (5)爆発発生直前の室内温度は、フラッシュオーバーの温度より高い【爆発発生直前の室内温度は、フラッシュオーバーの温度より低い】
14.延焼に関する記述であるが、誤っているものはどれか。 (1)居室の押し入れ付近から出火した火は、ふすまを経由して天井に延焼する (2)天井裏の界壁のないものは、天井に火が入った後に横方向に延焼する (3)隣接建物への延焼は、隣接建物の距離に大きく関係し又建築物の外壁の材質によっても左右する (4)独立燃焼が始まると同時に、熱気流や炎は抵抗の少ない2階の床板に延焼する (5)放射燃焼は熱源からの放射熱によって、距離が隔たっているところにある可燃物が発火する延焼現象である

 

答え (4)独立燃焼が始まると同時に、熱気流や炎は抵抗の少ない2階の床板に延焼する【独立燃焼が始まると同時に熱気流や炎は、抵抗の少ない階段口に延びる】
15.フラッシュオーバーが予想される室内の現象として、誤っているものはどれか。 (1)煙の中に炎が見え、煙が床上1m位まで急降下している (2)室内に進入した時、ひざまつきたくなるような熱気に見舞われる (3)室内の中層で散発的に小さい閃光(フラッシュ)が認められる (4)ロールオーバーの煙が窓の隙間から、屋外に渦巻くように噴出している (5)室内の炎の先端が天井の高さに継続的に達している

 

答え (3)室内の中層で散発的に小さい閃光(フラッシュ)が認められる【耐火構造建物等で、煙は火点に近いほど流れも早い。姿勢を低くして煙の流れを逆にたどり火点を確認する】

 

 

 ⬇消防士の昇任試験対策のすべてをまとめています。

www.sue-a.org

 

昇任試験対策には人事評価も関わってきます。

消防士の人事評価が気になる方はこちらを。

www.sue-a.org

 

 

 

sue-a.hatenablog.com

 

sue-a.hatenablog.com

 

 

 

sue-a.hatenablog.com

 

 

sue-a.hatenablog.com

 

 

sue-a.hatenablog.com

 

 

sue-a.hatenablog.com

 

 

sue-a.hatenablog.com

 

sue-a.hatenablog.com

 

 

sue-a.hatenablog.com