sue-aのブログ

消防士のためのブログ。消防士の仕事をしている中で有益な情報を発信します。救急救命士国家試験問題毎日更新中💯。消防昇任試験問題も不定期ですが更新しています。

消防昇任試験「消防組織」問題にチャレンジ

>>消防士の昇任試験問題【徹底的に解く】の中で扱った「消防組織」問題をさらに徹底的にやりたい方向け。

15問です。

f:id:a-_-s0404:20210720131348p:plain

 

問題作成 参考書籍



 

 

 

 

【◯✕問題】市町村の消防責任に関する記述について正しいかどうか解答してください。

 

 ★問題文をクリックすると答えが問題下に表示されます★

⬇⬇⬇クリックしてください⬇⬇⬇

1.領海における船舶火災については、市町村及び海上保安庁の両者がそれぞれ消防の責任を有している。

 

答え 正しい
2. 鉱山内における火災については、実際上鉱山保安行政で対処しているが、消防機関の任務でもあり、災害救助法が発動され、又は当該市町村に災害対策本部が設置されるような大災害である場合等には消防機関も消防活動を行うこととなる。

 

答え 正しい
3. 航空機事故に関する消火及び救助については、その飛行場を管理する空港事務所が自衛消防としての立場からまずこれに当たる。これにより当該飛行場をその区域内に有する市町村が消防責任を免除される。

 

答え 誤り【当該飛行場をその区域内に有する市町村は消防責任を免除されるわけではなく、互いに協力し合わなければならない】

 

4. 大使館や領事館等の国際法上の特権を有する施設の場合、不可侵権や治外法権の関係から、同意がない限り立ち入りはできないが、市町村の消防事務の執行については可能である。

 

答え 誤り【市町村の消防事務の執行であっても制限を受ける】
5. 合衆国軍隊の管理する施設及び区域については、市町村の消防責任は潜在化することになり、市町村の消防機関が消防法上の各種の権限を行使することはない。

 

答え 正しい

【虫食い問題】消防組織法第8条に関する記述について。

6. 市町村の消防責任を果たすために必要な一切の<◯◯>は、当該市町村が負担しなければならない。

 

答え <費用>
7. <◯◯◯◯>隊に係る編成・整備の計画に基づき整備される施設については、<◯>が補助するものとされている。

 

答え <緊急援助>、<国>
8. 失火者に重大な<◯◯>や<◯◯>があった場合でも、失火者に対し、消火活動に伴う<◯◯>等を請求することはできない。

 

答え <過失>、<故意>、<費用>
9. 「市町村の消防に要する<◯◯>の具体例としては、市町村の消防施設の<◯◯◯◯>が含まれる。

 

答え <費用>、<設置管理>
10. 消防組織法第8条の<◯◯>には、市町村の機関でない会社の<◯◯◯◯隊>に関する<◯◯>は含まない。

 

答え <費用>、<自衛消防隊>、<費用>
11. 「負担する」とは、<◯◯>の財源について最終的な拠出の責めを負うことであり、単なる<◯◯い>とは異なる。

 

答え <経費>、<支払い>
12. 火災の場合、失火者に対し、事務管理に基づく<◯◯償還>や<◯◯◯◯>を請求することはできない。

 

答え <費用償還>、<損害賠償>

【一問一答問題】消防組織法第15条に関する記述について。

13. 消防長は、条例で定める何を有する者でなければならないか?

 

答え 資格
14. 消防長は、消防職員の何を行うと消防組織法第15条に記載されているか?

 

答え 指揮監督
15. 消防長は、誰が任命することになっているか?

 

答え 市町村長

 

 

 

www.sue-a.org

 

昇任試験対策には人事評価も関わってきます。

消防士の人事評価が気になる方はこちらを。

www.sue-a.org

 

f:id:a-_-s0404:20211017060807j:plain