sue-aのブログ

消防士のためのブログ。消防士の仕事をしている中で有益な情報を発信します。救急救命士国家試験問題毎日更新中💯。消防昇任試験問題も不定期ですが更新しています。

消防昇任試験「消防組織」問題にチャレンジその③

>>消防士の昇任試験問題【徹底的に解く】の中で扱った「消防組織」問題をさらに徹底的にやりたい方向け。

15問です。

f:id:a-_-s0404:20210720131348p:plain

 

問題作成 参考書籍



 

 

 

 

【◯✕問題】消防組織法第44条から第49条に関する記述について正しいかどうか解答してください。

 

 ★問題文をクリックすると答えが問題下に表示されます★

⬇⬇⬇クリックしてください⬇⬇⬇

1.都道府県知事は、消防庁長官の指示に基づき、その区域内の市町村の長に対し、緊急消防援助隊の出動の措置をとることを指示することができる。

 

答え 正しい
2.総務大臣は、緊急消防援助隊の出動に関する措置を的確かつ迅速に行うため、緊急消防援助隊の編成及び施設の整備等に係る基本的な事項に関する計画を策定し、公表するものとする。これを変更したときも、同様とする。

 

答え 正しい
3.一の都道府県の区域内において災害発生市町村が二以上ある場合において、緊急消防援助隊が消防の応援等のため出動したときは、当該都道府県の知事は、消防応援活動調整本部を設置するものとする。

 

答え 正しい
4.消防機関の職員がその属する市町村以外の市町村の消防の応援のため出動した場合においては、当該職員は、応援を受けた都道府県知事の指揮の下に行動するものとする。

 

答え 誤り【市町村の指揮の下に行動するものとする】
5.消防庁長官の指示を受けて出動した緊急消防援助隊の活動により増加し、又は新たに必要となる消防に要する費用のうち当該緊急消防援助隊の隊員の特殊勤務手当及び時間外勤務手当その他の政令で定める経費は、政令で定めるところにより、国が負担する。

 

答え 正しい
6.消防庁長官は、地震、台風、水火災等の非常事態の場合において、緊急消防援助隊の出動のため必要な措置をとることを指示することができる。

 

答え 誤り【支持できる災害は限定されている】
7.消防庁長官は、災害発生市町村以外の市町村に長に対し緊急消防援助隊の出動のため必要な措置をとることを指示した場合、当該市町村の属する都道府県の知事に対し、速やかにその旨を通知するものとする。

 

答え 正しい
8.緊急消防援助隊とは、消防庁長官の求め又はは指示に基づき、地方公共団体の応援等を行うことを任務として、都道府県又は市町村に属する消防に関する人員及び施設により構成される部隊をいう。

 

答え 誤り【地方公共団体の応援等ではなく、消防の応援等である】

【虫食い問題】消防組織法第43条に関する記述について。

9.都道府県知事は、市町村長に対して、予めされた<◯◯>の実施に関し、必要な指示をすることができる。

 

答え <協定>
10.都道府県知事は、市町村の<◯◯長>に対して、予めされた<◯◯>の実施に関し、必要な指示をすることができる。

 

答え <消防庁>、<協定>
11.都道府県知事は、<◯◯法>に規定する<◯◯管理者>に対して、予めされた<◯◯>の実施に関し、必要な指示をすることができる。

 

答え <水防法>、<水防管理者>、<協定>
12.都道府県知事は、市町村の<◯◯長>に対して、<災害◯◯>の<◯◯>に関し、必要な指示をすることができる。

 

答え <消防長>、<災害防御>、<措置>

【一問一答問題】消防組織法第44条第5項、47条に関する記述について。

13.消防組織法第44条第5項に基づく指示を受けて出動した緊急消防援助隊の活動に要する費用のうち、国が負担する経費として内容が適当でないものはどれか? (1)緊急消防援助隊の隊員の特殊勤務手当及び時間外勤務手当 (2)緊急消防援助隊の隊員の休日勤務手当 (3)緊急消防援助隊の活動のために使用した当該緊急援助隊の施設にかかる修繕料及び役務費 (4)緊急消防援助隊の活動のために要した燃料費、消耗品費、賃借料 (5)緊急消防援助隊を派遣した消防本部の全ての旅費

 

答え (5)緊急消防援助隊を派遣した消防本部の全ての旅費【緊急消防援助隊の隊員の旅費が正解】
14.緊急消防援助隊に係る指揮に関する記述として、正しいものはどれか? (1)組織法第44条第3項の規定に基づく都道府県知事の求めによる出動の場合は、応援を受けた市町村長の指揮下ではなく、都道府県知事の指揮下に行動する (2)応援のために出動した職員は、あくまでも応援をする側の市町村長の指揮下に行動する (3)組織法第44条第5項の規定に基づく消防庁長官の指示による出動の場合は、応援を受けた市町村長の指揮下ではなく、消防庁長官の指揮下に行動する (4)組織法第44条第5項の規定に基づく消防庁長官の指示による出動の場合は、応援を受けた市町村長の指揮下に行動するが、引揚げ時には、消防庁長官の指揮下に行動する (5)組織法第44条第6項の規定に基づく都道府県知事の指示による出動の場合は、応援を受けた市町村長の指揮下に行動する

 

答え (5)組織法第44条第6項の規定に基づく都道府県知事の指示による出動の場合は、応援を受けた市町村長の指揮下に行動する【応援の根拠に拘わらず、消防の応援のために出動した場合は、応援を受けた市町村長の指揮下に行動する】
15.次の記述のうち誤っているのはどれか? (1)都道府県は、財政上の事情その他特別の事情のある場合を除くほか、単独に、消防職員及び消防団員の教育訓練を行うために消防学校を設置しなければならない (2)地方自治法第252条の19第1項の指定都市(以下「指定都市」という。)は、単独に又は都道府県と共同して、消防職員及び消防団員の教育訓練を行うために消防学校を設置することができる (3)消防学校を設置する指定都市以外の市及び町村は、消防職員及び消防団員の訓練を行うために訓練期間を設置することができる (4)消防学校の教育訓練については、消防庁が定める基準を確保するように努めなければならない (5)消防学校の教育訓練の基準によれば、消防団員に対する教育訓練を消防学校で十分実施できがたい場合は、消防学校の教員を教育訓練実施場所に派遣して、教育訓練を行わせることができる

 

答え (1)都道府県は、財政上の事情その他特別の事情のある場合を除くほか、単独に、消防職員及び消防団員の教育訓練を行うために消防学校を設置しなければならない【単独に、又は共同して、消防職員及び消防団員の教育訓練を行うために消防学校を設置しなければならないが正解(消防組織法第51条第1項)】

 

 

 ⬇消防士の昇任試験対策のすべてをまとめています。

www.sue-a.org

 

昇任試験対策には人事評価も関わってきます。

消防士の人事評価が気になる方はこちらを。

www.sue-a.org

 

 

 

sue-a.hatenablog.com

 

sue-a.hatenablog.com

 

 

 

sue-a.hatenablog.com

 

 

sue-a.hatenablog.com

 

 

sue-a.hatenablog.com

 

 

sue-a.hatenablog.com

 

 

sue-a.hatenablog.com

 

sue-a.hatenablog.com

 

 

sue-a.hatenablog.com