sue-aのブログ

消防士のためのブログ。消防士の仕事をしている中で有益な情報を発信します。救急救命士国家試験問題毎日更新中💯。消防昇任試験問題も不定期ですが更新しています。

消防昇任試験「予防行政」問題にチャレンジその⑩

>>消防士の昇任試験問題【徹底的に解く】の中で扱った「予防行政」問題をさらに徹底的にやりたい方向け。

15問です。

f:id:a-_-s0404:20210720131348p:plain

 

問題作成 参考書籍



 

 

 

 

【◯✕問題】屋内消火栓設備に関する記述について正しいかどうか解答してください。

 

 ★問題文をクリックすると答えが問題下に表示されます★

⬇⬇⬇クリックしてください⬇⬇⬇

1.屋内消火栓箱の上部に、取付け面と15度以上の角度となる方向に沿って10m離れたところから容易に識別できる赤色の灯火を設けること。

 

答え 正しい
2.非常電源には、非常電源専用受電設備、自家発電設備、蓄電池設備及び燃料電池設備がある。

 

答え 正しい
3.加圧送水装置には、呼水装置を設けなければならない。

 

答え 誤り【水源の水位がポンプより低い位置にある加圧送水装置には、呼水装置を設けること(消則第12条第1項第3の2号参照)】
4.屋内消火栓の開閉弁は、床面からの高さが1.5m以下の位置又は天井に設けること。ただし、当該開閉弁を天井に設ける場合にあっては、当該開閉弁は手動式のものとすること

 

答え 誤り【「手動式」ではなく、「自動式」である。】
5.屋内消火栓箱には、その裏面に「消火栓」と表示すること。

 

答え 誤り【「裏面」ではなく、「表面」である】
6.屋内消火栓設備の非常電源は、特定防火対象物で延べ面積が1,000㎡以上の場合は自発家電設備のみ認められている。

 

答え 誤り【「自発発電設備のみ」ではなく、蓄電池設備、燃料電池設備も認められている】
7.屋内消火栓設備の非常電源は、自家発電設備は屋内消火栓設備を有効に45分以上作動できる容量であること。

 

答え 誤り【「45分」ではなく、「30分」以上である】
8.屋内消火栓設備の非常電源は、非常電源専用受電設備の外部には屋内消火栓設備用である旨を表示すること。

 

答え 誤り【「屋内消火栓設備」ではなく、「開閉器」である】

【虫食い問題】スプリンクラー設備に関する記述について空欄を埋めよ。

9.<①◯◯◯◯>ホームには、275㎡以上のスプリンクラー設備が必要である。

 

答え <①養護老人>
10.<①◯>項の特別<②◯◯◯◯>には、スプリンクラーヘッドを設置すること。

 

答え <①(4)>、<②避難階段>
11.<①◯◯◯>等の電気設備が設置されている場所には、スプリンクラーヘッドを設置すること。

 

答え <①発電機>
12.人工<①◯◯◯◯>が設置されている場所には、スプリンクラーヘッドを設置すること。

 

答え <①血液透析>

【一問一答問題】緊急消防援助隊に関する記述について。

13.屋内消火栓設備の設置を、要しない防火対象物又はその部分はどれか。なお、当該防火対象物は主要構造部が耐火構造で、内装の仕上げを不燃材料でしたものとする。 
(1)延べ面積が1,500㎡の劇場 
(2)延べ面積が2,100㎡の百貨店
(3)飲食店で床面積が450㎡の地階
(4)車庫で床面積が600㎡の無窓階
(5)延べ面積が200㎡の地下街

 

答え (1)◯
(2)◯
(3)◯
(4)✕【(13)項は、屋内消火栓設備の設置対象になっていない。また、主要構造部を耐火構造として、かつ、室内に面する部分の仕上げを難燃材料でしたものは、数値を3倍とすることができる(消令)】
(5)◯
14.屋内消火栓の設置間隔及び放水圧力について、下表のAからDまでの欄に当てはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか?

f:id:a-_-s0404:20211019111716p:plain



(1)A:15m  B:0.17MPa  C:0.25MPa  D:0.17MPa  
(2)A:15m  B:0.25MPa  C:0.17MPa  D:0.25MPa  
(3)A:20m  B:0.25MPa  C:0.17MPa  D:0.17MPa  
(4)A:25m  B:0.17MPa  C:0.25MPa  D:0.17MPa  
(5)A:25m  B:0.17MPa  C:0.25MPa  D:0.25MPa  

 

答え (4)【消防法施行令第11条第3項参照】
15.屋内消火栓設備についての記述のうち、誤っているものはどれか。
(1)屋内消火栓箱には、その表面に「消火栓」と表示すること
(2)水源の推移がポンプより低い位置にある加圧送水装置には、呼水装置を設けること
(3)屋内消火栓の開閉弁は、床面からの高さが1.5m以下の位置に設けること
(4)屋内消火栓箱の上部に、取付け面と10度以上の角度となる方向に沿って15m離れたところから容易に識別できる赤色の灯火を設けること
(5)屋内消火栓設備の非常電源は、非常電源専用受電設備、自家発電設備、蓄電池設備又は燃料電池設備(法第17条の2の5第2項第4号に規定する特定防火対象物で、延べ面積1,000㎡以上のものにあつては、自家発電設備、蓄電池設備又は燃料電池設備)によるものとすること

 

答え (4)誤り【屋内消火栓箱の上部に、取付け面と15度以上の角度となる方向に沿って10m離れたところから容易に識別できる赤色の灯火を設けること(消則第12条第1項第3号ロ)】

 

 

 ⬇消防士の昇任試験対策のすべてをまとめています。

www.sue-a.org

 

昇任試験対策には人事評価も関わってきます。

消防士の人事評価が気になる方はこちらを。

www.sue-a.org

 

f:id:a-_-s0404:20211017060807j:plain