sue-aのブログ

消防士のためのブログ。消防士の仕事をしている中で有益な情報を発信します。救急救命士国家試験問題毎日更新中💯。消防昇任試験問題も不定期ですが更新しています。

消防昇任試験「予防行政」問題にチャレンジその⑤

>>消防士の昇任試験問題【徹底的に解く】の中で扱った「予防行政」問題をさらに徹底的にやりたい方向け。

15問です。

f:id:a-_-s0404:20210720131348p:plain

 

問題作成 参考書籍



 

 

 

 

【◯✕問題】消防法第3条に関する記述について正しいかどうか解答してください。

 

 ★問題文をクリックすると答えが問題下に表示されます★

⬇⬇⬇クリックしてください⬇⬇⬇

1.煙突から火の粉が吹き出て極めて危険な状態である場合は、当該煙突の掃除若しくは修理を命じることができる。

 

答え 正しい
2.「消火、避難その他の消防活動に支障になる」場合とは、公設消防の活動に支障になる場合に限る。

 

答え 誤り【消火、避難その他の消防活動に支障になる場合とは、一般をいい、必ずしも公設消防の活動に支障になる場合に限られない】
3.「火を使用する設備若しくは器具の使用」で対象となるものは物件に限る。

 

答え 正しい
4.命令権者は、消防長(消防本部を置かない市町村は、市町村長)消防署長その他の消防吏員である。

 

答え 正しい
5.消防吏員以外の消防職員(事務職員及び技術職員)も、命令権者である。

 

答え 誤り【消防吏員のみに与えられている】
6.命令の形式は、文書のみしか認められない。

 

答え 誤り【口頭又は文書である】
7.放置された物件の除去命令を履行しなかった場合でも、代執行を行うことができない。

 

答え 誤り【代執行を行うことは可能である】
8.消火の準備を命ずれば十分であるたき火について、禁止命令をすることができる。

 

答え 誤り【その目的を達成する為必要である場合に限り、しかも最小限度に行わなければならない】

【虫食い問題】消防法第4条に関する記述について。

9.消防長又は消防署長は火災予防のために必要があるときは、関係者に対して<◯◯◯◯◯>を命じ、又は報告を求めることができる。

 

答え <資料の提出>
10.消防長又は消防署長は消防職員を関係のある場所に立ち入らせて、消防対象物の位置、構造、設備及び管理の状況を<◯◯>させることができる。

 

答え <検査>
11.消防職員は関係のある場所に立ち入る場合には、関係者からの請求があるとき<◯◯>を示さなければならない。

 

答え <証票>
12.消防職員は関係のある場所に立ち入って、検査又は質問により知り得た<◯◯>をみだりに他にもらしてはならない。

 

答え <秘密>

【一問一答問題】消防法第3条に関する記述について。

13.消防法第3条の措置命令の対象となる物件又は行為について、次のうち誤っているものはどれか。 (1)火遊び、喫煙、たき火、火を使用する設備若しくは器具(物件に限る。)の使用その他これらに類する行為 (2)その使用に際し火災の発生のおそれのある設備若しくは器具(物件に限る。)の使用その他これらに類する行為 (3)かまど、風呂場、温風暖房機、その他火を使用する設備又はその使用に際し、火災の発生のおそれのある設備 (4)危険物又は放置され、若しくはみだりに存置された燃焼のおそれのある物件 (5)放置され、又はみだりに存置された物件

 

答え (3)かまど、風呂場、温風暖房機、その他火を使用する設備又はその使用に際し、火災の発生のおそれのある設備【消防法第3条参照】
14.物件の所有者等が確知できず消防職員に物件の除去をさせる場合、消防法第3条第2項の規定(屋外における火災予防又は消防活動の障害除去のための措置命令関係)による場合と消防法第5条の3第2項の規定(防火対象物における火災の予防又は消防活動の障害除去のための措置命令関係)による場合とで異なる事項は、次のうちどれか。 (1)物件の除去を命ずるのは、消防庁又は消防署長である (2)除去に要した費用を負担するのは、物件の所有者、管理者又は占有者で権限を有する者である (3)除去する場合は、相当の期限を定めて、必要な事項をあらかじめ広告しなければならない (4)除去した物件は、保管しなければならない (5)受命者は、所有者、管理者又は占有者で権限を有するもの

 

答え (3)除去する場合は、相当の期限を定めて、必要な事項をあらかじめ広告しなければならない【消防法第3条第2項、消防法第5条の3第2項及び第3項参照】
15.消防法第3条に係る措置のうち、誤っているものはどれか。 (1)火遊び、喫煙、たき火、火を使用する設備若しくは器具(物件に限る。)又はその使用に際し火災の発生のおそれのある設備若しくは器具(物件に限る。)の使用その他これらに類する行為の禁止、停止若しくは制限又はこれらの行為を行う場合の消火準備 (2)残火、取灰又は火粉の始末 (3)危険物又は放置され、若しくはみだりに存置された燃焼のおそれのある物件の除去その他の処理 (4)放置され、又はみだりに存置された物件の整理又は除去 (5)地域又は期間を指定した火災予防上危険な行為の一般的、概括的禁止

 

答え (5)地域又は期間を指定した火災予防上危険な行為の一般的、概括的禁止【執るべき措置はの対象は、その行為が特定されたものでなければならない】

 

 

 ⬇消防士の昇任試験対策のすべてをまとめています。

www.sue-a.org

 

昇任試験対策には人事評価も関わってきます。

消防士の人事評価が気になる方はこちらを。

www.sue-a.org

 

 

 

sue-a.hatenablog.com

 

sue-a.hatenablog.com

 

 

 

sue-a.hatenablog.com

 

 

sue-a.hatenablog.com

 

 

sue-a.hatenablog.com

 

 

sue-a.hatenablog.com

 

 

sue-a.hatenablog.com

 

sue-a.hatenablog.com

 

 

sue-a.hatenablog.com