sue-aのブログ

消防士のためのブログ。消防士の仕事をしている中で有益な情報を発信します。救急救命士国家試験問題毎日更新中💯。消防昇任試験問題も不定期ですが更新しています。

消防昇任試験「予防行政」問題にチャレンジその⑧

>>消防士の昇任試験問題【徹底的に解く】の中で扱った「予防行政」問題をさらに徹底的にやりたい方向け。

15問です。

f:id:a-_-s0404:20210720131348p:plain

 

問題作成 参考書籍



 

 

 

 

【◯✕問題】消防法に規定される命令、統括防火管理者の責務に関する記述について正しいかどうか解答してください。

 

 ★問題文をクリックすると答えが問題下に表示されます★

⬇⬇⬇クリックしてください⬇⬇⬇

1.消防職員が、屋外において火災の予防に危険であると認める物件について、当該物件の所有者で権原のある者に除去命令を発動した。

 

答え 誤り【命令権者は消防長、消防署長その他の消防吏員である(消防法第3条参照)】
2.消防署長が、火災予防上のため必要と判断し、消防対象物の関係のある者に対し、資料提出命令を発動した。

 

答え 誤り【命令客体が消防対象物の関係者である(消防法第4条参照)】
3.消防長が、防火対象物の設備の状況について、火災の予防に危険であったため、防火対象物の権原のある関係者に対し、改修命令を発動した。

 

答え 正しい
4.消防長が、消防計画に従って避難訓練が行われていないため、防火管理者に対し、防火管理業務適正執行命令が発動した。

 

答え 誤り【命令客体が管理について権原を有するものである(消防法第8条参照)】
5.消防署長が、防火対象物の防火対象物点検資格者により点検対象事項が点検基準に適合している旨の表示と紛らわしい表示が付されていたことから、防火対象物の関係者に対し、当該表示の除去命令を発動した。

 

答え 誤り【命令客体が防火対象物の関係者で権原を有するものである(消防法第8条の2の2参照)】
6.統括防火管理者は、当該防火対象物の全体についての防火管理に係る消防計画を作成し、市町村長に届け出なければならない。

 

答え 誤り【正しくは、消防長又は消防署長(消防法施行令第4条の2参照)】
7.統括防火管理者は、消火、通報及び避難の訓練の実施を行わなければならない。

 

答え 正しい
8.統括防火管理者は、防火対象物の全体についての防火管理上必要な業務を行うときは、必要に応じて当該防火対象物の管理について権原を有する者の指示を求め、誠実にその職務を遂行しなければならない。

 

答え 正しい

【虫食い問題】消防法施行規則第4条における、防火対象物の全体についての防火管理に係る消防計画を定める事項に関する記述について空欄を埋めよ。

9.防火対象物全体にわたる<◯◯◯◯>の作成並びにその計画に基づく消火、通報及び避難の訓練に関すること。

 

答え <消防計画>
10.<◯◯>、<◯◯>、<◯◯>口、安全区画、防炎区画その他避難施設の維持管理及びその案内に関すること。

 

答え <廊下>、<階段>、<避難>
11.火災の際の消防隊に対する当該防火対象物の構造その他必要な情報の<◯◯>及び消防隊の<◯◯>に関すること。

 

答え <提供>、<誘導>
12.火災、地震その他災害が発生した場合における<◯◯◯◯>、<◯◯◯◯>及び<◯◯◯◯>に関すること。

 

答え <消火活動>、<通報連絡>、<誘導避難>

【一問一答問題】非特定用途防火対象物に関する記述について。

13.次に掲げる防火対象物で、その管理について権原が分かれているもののうち、統括防火管理者を定める、義務がないものはどれか。
(1)遊技場とカラオケボックスからなる複合用途防火対象物のうち、地階を除く階数が3で、かつ、収容人員が30人のもの
(2)老人短期入所施設養護老人ホームからなる防火対象物のうち、地階を除く階数が2で、かつ、収容人員が50人のもの
(3)事務所と共同住宅からなる複合用途防火対象物のうち、地階を除く階数が5で、かつ、収容人員が50人のもの
(4)事務所の用途に供される高層建築物
(5)準地下街

 

答え (2)老人短期入所施設養護老人ホームからなる防火対象物のうち、地階を除く階数が2で、かつ、収容人員が50人のもの【(2)は、地階を除く階数が3以上で、選任義務が生じる(消防法第8条の2、消防法施行令第3条の3参照)】
14.消防法第8条の2の5第2項の規定により、自衛消防組織を置いた場合に消防長又は消防署長に届け出なければならない事項として、誤っているものはどれか。 
(1)自衛消防組織設置防火対象物の管理について権原を有する者の氏名及び住所 
(2)自衛消防組織の内部組織の編成及び自衛消防要員の氏名
(3)統括管理者の氏名及び住所
(4)自衛消防組織に備え付けられている資機材
(5)自衛消防組織設置対象物の所在地、名称、用途、延べ面積及び階数

 

答え (2)自衛消防組織の内部組織の編成及び自衛消防要員の氏名【(2)は、自衛消防要員の配置が、正しい(消防法施行規則第4条の2の15第1項第4号を参照)】
15.消防法第8条の2の5に定める自衛消防組織の業務として、おおむね2人以上の要員をおかなければならないものとして誤っているものはどれか。
(1)在館者が避難する際の誘導に関する業務 
(2)在館者の救出及び救護に関する業務 
(3)火災の初期の段階における消火活動に関する業務 
(4)火災が発生地区へ直行し、防火シャッター、防火戸等の閉鎖する延焼拡大防止に関する業務 
(5)情報の収集及び伝達並びに消防用設備等その他の設備の監視に関する業務 

 

答え (4)誤り【(4)に関する業務は定められていない(消防法施行規則第4条の2の11参照)】

 

 

 ⬇消防士の昇任試験対策のすべてをまとめています。

www.sue-a.org

 

昇任試験対策には人事評価も関わってきます。

消防士の人事評価が気になる方はこちらを。

www.sue-a.org