sue-aのブログ

消防士のためのブログ。消防士の仕事をしている中で有益な情報を発信します。救急救命士国家試験問題毎日更新中💯。消防昇任試験問題も不定期ですが更新しています。

消防昇任試験「予防行政」問題にチャレンジその⑨

>>消防士の昇任試験問題【徹底的に解く】の中で扱った「予防行政」問題をさらに徹底的にやりたい方向け。

15問です。

f:id:a-_-s0404:20210720131348p:plain

 

問題作成 参考書籍



 

 

 

 

【◯✕問題】消防法第5条(防火対象物の火災予防措置命令)に関する記述について正しいかどうか解答してください。

 

 ★問題文をクリックすると答えが問題下に表示されます★

⬇⬇⬇クリックしてください⬇⬇⬇

1.屋外において火災の予防に危険であると認める場合は、消防法第5条による命令要件には該当しない。

 

答え 正しい
2.命ぜられた者がその措置を履行しないときは、行政代執行の対象となりうる。

 

答え 正しい
3.命令は、防火対象物の位置、構造、設備又は管理の状況について、火災の予防に危険であると認める場合は、当該防火対象物の改修は命ずることができるが、除去は命ずることができない。

 

答え 誤り【改修、移転、除去、工事の停止又は中止その他必要な措置をなすべきことを命ずることができる(消防法第5条参照)】
4.命令権者は、消防長又は消防署長である。

 

答え 正しい
5.命令は、特に緊急の必要があると認める場合においては、関係者及び工事の請負人又は現場管理者に対して行うことができる。

 

答え 正しい
6.消防法第5条に規定する防火対象物の火災予防措置命令の対象者として、権限を有する所有者は含まれる。

 

答え 正しい
7.消防法第5条に規定する防火対象物の火災予防措置命令の対象者として、工事の請負人は含まれる。

 

答え 誤り【関係者、工事請負人及び現場管理者は、特に緊急の必要があると認める場合に限られている(消防法第5条参照)】
8.消防法第5条に規定する防火対象物の火災予防措置命令の対象者として、権限を有する占有者は含まれる。

 

答え 正しい

【虫食い問題】消防法第4条に規定する消防職員の立入禁止における措置に関する記述について空欄を埋めよ。

9.消防職員は、関係のある<◯◯>に立ち入る場合においては、関係者の<◯◯>をみだりに妨害してはならない。

 

答え <場所>、<業務>
10.「資料の提出を命じ」とは、一般に<◯◯◯◯◯◯>と言っているものであり、火災予防上必要な書類や図面を提出するよう<◯◯>又は<◯◯>により命令するものである。

 

答え <資料提出命令>、<口頭>、<文書>
11.「報告を求め」とは、一般に<◯◯◯◯>と言っているものであり、火災予防条必要な事項について文書等を作成し、提出するよう要求するものである。

 

答え <報告徴収>
12.「個人の住居」とは共同住宅の<◯◯>も含まれる。

 

答え <居室>

【一問一答問題】消防法第5条の2に関する記述について。

13.消防法第5条の2に規定する防火対象物の使用の禁止、停止又は制限の命令について、正しいものはどれか。 
(1)消防法第3条により必要な措置を命ぜられたにもかかわらず、その措置が十分でない場合に本条に基づく命令を行うことができる 
(2)消防吏員又は消防職員は、本条の命令を行うことができる
(3)命令は、防火対象物の所有者、管理者又は占有者のいずれにも行うことができる
(4)消防本部を置かない市町村においては市町村長が命令する
(5)消防法第5条により必要な措置が命ぜられ、履行されても当該期限までに完了する見込みがないため、引き続き、火災の予防に危険である場合に本条に基づく命令を行うことができない

 

答え (3)誤り【命令は権限を有する関係者に対して行う】
(4)誤り【消防本部を置かない市町村においては、市町村長である旨は、第3条により規定されている】
14.次の文章の中で、防火対象物の使用禁止、停止又は制限を命ずることができる条件として、誤っているものはどれか。
※「防火対象物の位置、構造、設備又は管理の状況について、火災の予防に危険であると認め」 
(1)改修を命じたが、履行されず、引き続き、消火、避難その他の消防活動に支障と認める場合 
(2)改修の命令によっては、火災の予防の危険を除去する事ができないと認める場合
(3)改修を命じたが、履行されず、行政代執行法の定めるところに従い、改修の措置をとる必要があると認める場合
(4)改修を命じたが、履行したもののの十分でなく、引き続き、火災が発生したならば人命に危険であると認める場合
(5)期限を定めて改修を命じたが、当期限内に完了する見込みがないため、引き続き、火災の予防に危険であると認める場合

 

答え (3)誤り【行政代執行は、防火対象物の使用禁止、停止又は制限を命ずることができる条件ではない(消防法第5条及び第5条の2参照)】
15.消防法第5条の3第1項に基づき命ずることが、できる措置はどれか。
(1)火を使用する器具の使用(物件に限る)その他これらに類する行為の禁止
(2)放置された物件の除去 
(3)防火対象物の除去 
(4)防火対象物の使用の停止 
(5)みだりに存置された物件の整理 

 

答え (1)正しい
(2)正しい
(3)誤り【火遊び、喫煙、たき火、火を使用する設備若しくは器具(物件に限る。)又はその使用に際し火災の発生のおそれのある設備若しくは器具(物件に限る。)の使用その他これらに類する行為の禁止、停止若しくは制限又はこれらの行為を行う場合の消火準備▷前記に該当するもの】
(4)誤り【(3)と同様】
(5)正しい

 

 

 ⬇消防士の昇任試験対策のすべてをまとめています。

www.sue-a.org

 

昇任試験対策には人事評価も関わってきます。

消防士の人事評価が気になる方はこちらを。

www.sue-a.org